三重大学式家庭医療講座(全1回)

シリーズ解説

家庭医療学・研修医教育に力を注ぐ、三重大学 家庭医療学の竹村教授が熱く語る! 医学生・研修医向けの「症候診断プログラム」です。日常診療で数多く出会う疾患をピックアップ!医学生はもちろん、プライマリ・ケアドクターは必見です。

竹村 洋典 先生 三重大学大学院 医学系研究科 臨床医学系講座家庭医療学分野

選択中の番組

第1回 ぜひとも知っておきたいプライマリ・ケアで遭遇するアレルギー疾患

花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など、日常診療でよく遭遇するアレルギー疾患を取り上げます。致死的疾患ではありませんが、慢性化しやすく、治療・根治には正しい知識が不可欠です。 皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科など複数の科に関わることも多く、診断に悩まれる先生も多いかと思います。 本講演では、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎を取り上げ、診断・治療、専門科へのコンサルトのタイミングなど、明日から使える知識や技術をお伝えします。

収録時間 00時間43分23秒

配信中の番組

第1回 ぜひとも知っておきたいプライマリ・ケアで遭遇するアレルギー疾患

花粉症、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎など、日常診療でよく遭遇するアレルギー疾患を取り上げます。致死的疾患ではありませんが、慢性化しやすく、治療・根治には正しい知識が不可欠です。 皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科など複数の科に関わることも多く、診断に悩まれる先生も多いかと思います。 本講演では、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、蕁麻疹、アトピー性皮膚炎を取り上げ、診断・治療、専門科へのコンサルトのタイミングなど、明日から使える知識や技術をお伝えします。

関連シリーズ

レビュー(5件)

蕁麻疹さん (2015年06月02日 22時24分)

蕁麻疹で血管浮腫をお越し、気道浮腫も起こし息ができなくなるのでエピネフィリンを使う必要もある。 治療 皮膚の深部で起こっているアレルギー反応→外用薬は効き目がない。ステロイド軟こうは意味がない。→即、抗アレルギー薬を使用。 抗ヒスタミン薬は倍量投与、無効の場合はステロイド 皮膚掻痒症 抗アレルギー剤の長期処方皮膚OK アトピー皮膚炎  ダニなどの抗原が繰り返し侵入→湿疹反応が連続  治療 ステロイド等早期に十分使い炎症を抑制。プライマリ医はマイザーが最高で。感染がありそうな所は軟膏を、なさそうならクリームを使用。リンデロンは中途半端な薬。 ネリゾナが中心。  

蕁麻疹さん (2015年06月02日 22時24分)

蕁麻疹で血管浮腫をお越し、気道浮腫も起こし息ができなくなるのでエピネフィリンを使う必要もある。 治療 皮膚の深部で起こっているアレルギー反応→外用薬は効き目がない。ステロイド軟こうは意味がない。→即、抗アレルギー薬を使用。 抗ヒスタミン薬は倍量投与、無効の場合はステロイド 皮膚掻痒症 抗アレルギー剤の長期処方皮膚OK アトピー皮膚炎  ダニなどの抗原が繰り返し侵入→湿疹反応が連続  治療 ステロイド等早期に十分使い炎症を抑制。プライマリ医はマイザーが最高で。感染がありそうな所は軟膏を、なさそうならクリームを使用。リンデロンは中途半端な薬。 ネリゾナが中心。  

蕁麻疹さん (2015年06月02日 22時08分)

蕁麻疹で血管浮腫をお越し、気道浮腫も起こし息ができなくなるのでエピネフィリンを使う必要もある。 治療 皮膚の深部で起こっているアレルギー反応→外用薬は効き目がない。ステロイド軟こうは意味がない。→即、抗アレルギー薬を使用。 抗ヒスタミン薬は倍量投与、無効の場合はステロイド

蕁麻疹さん (2015年06月02日 22時05分)

蕁麻疹で血管浮腫をお越し、気道浮腫も起こし息ができなくなるのでエピネフィリンを使う必要もある。 治療 皮膚の深部で起こっているアレルギー反応→外用薬は効き目がない。ステロイド軟こうは意味がない。→即、抗アレルギー薬を使用。

蕁麻疹さん (2015年06月02日 22時01分)

蕁麻疹で血管浮腫をお越し、気道浮腫も起こし息ができなくなるのでエピネフィリンを使う必要もある。