(日薬研修) 薬剤師の臨床判断と一般用医薬品適正使用研修会(第2回)(全6回)

シリーズ解説

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】2014年2月9日に慶應義塾大学薬学部で開催された「薬剤師の臨床判断と一般用医薬品適正使用研修会(第2回)」の模様をお届けします。 医師不足・偏在、高齢化社会が進むなかで、地域医療における薬剤師の薬学的ケアのニーズが高まっています。本研修は、一般用医薬品の取り扱い時に有益な、処方箋調剤・服薬指導、来局者の健康相談、トリアージのアルゴリズムなど実践に活かせる内容をお届けします。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

豊島 聰 先生 公益財団法人 日本薬剤師研修センター 理事長木内 祐二 先生 昭和大学薬学部 教授倉本 秋 先生 一般社団法人高知医療再生機構 理事長藤田 知子 先生 公益社団法人日本薬剤師会 一般用医薬品委員会 委員後藤 惠子 先生 東京理科大学薬学部 教授生出 泉太郎 先生 公益社団法人 日本薬剤師会 副会長

選択中の番組

第1回 挨拶

日本薬剤師研修センター理事長 豊島 聰 氏から挨拶とプログラム概要をお話しいただきます。

収録時間 00時間05分44秒

第2回 臨床判断と薬剤師 ~症候学とトリアージを学ぼう~

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】医師不足・偏在、迫る超高齢化社会などを背景に、地域医療への薬剤師の貢献が期待されています。来局者・在宅患者の症候から病名および病態を推測すること、必要に応じて適切なトリアージを行えること、セルフメディケーションの支援ができること、などが求められます。頭痛、腹痛などコモンな症候から疾患を想定する基本的な考え方と、来局者から情報を引き出すための医療面接の手順などを解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

収録時間 00時間26分10秒

第3回 腹痛を起こす疾患の診断・概説

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】腹痛の原因で一番多いのは何か?(胆石症/非特異性腹痛/腸閉塞/便秘/十二指腸解消)、腹痛の診断で肝となるのは何か?(熱/Red Flag/痛みの場所/慢性発症)、感染性胃腸炎を疑うとき、何時間前の食事内容まで確認すべきか?(24時間/2日/3日/7日) 原因疾患が多肢にわたる腹痛を、重症度や緊急度の視点から体系的に解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

収録時間 00時間57分38秒

第4回 腹痛に対する一般用医薬品と選択のポイント

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】胃腸薬を求める方が来局した場面を想定し、医療面接で情報をどのようにを引き出し、どのような疾患を想定し、どの一般用医薬品を選択するか、明日から使える実践法を解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

収録時間 00時間39分22秒

第5回 来局者が満足を感じるコミュニケーションとは?

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】臨床判断に必要な情報を聞きだすコミュニケーション力とは? 1.気軽に相談できる環境つくり。2.聴く力でニーズや思いを把握する。3.共感力で来局者との距離を縮める。4.得た情報を説明に活かす。5.最後の挨拶も心をこめて。の5つの視点を軸にノウハウを解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

収録時間 01時間12分50秒

第6回 閉会挨拶

日本薬剤師会 副会長 生出 泉太郎 氏に閉会の挨拶をいただきます。

収録時間 00時間01分22秒

配信中の番組

第1回 挨拶

日本薬剤師研修センター理事長 豊島 聰 氏から挨拶とプログラム概要をお話しいただきます。

第2回 臨床判断と薬剤師 ~症候学とトリアージを学ぼう~

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】医師不足・偏在、迫る超高齢化社会などを背景に、地域医療への薬剤師の貢献が期待されています。来局者・在宅患者の症候から病名および病態を推測すること、必要に応じて適切なトリアージを行えること、セルフメディケーションの支援ができること、などが求められます。頭痛、腹痛などコモンな症候から疾患を想定する基本的な考え方と、来局者から情報を引き出すための医療面接の手順などを解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

第3回 腹痛を起こす疾患の診断・概説

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】腹痛の原因で一番多いのは何か?(胆石症/非特異性腹痛/腸閉塞/便秘/十二指腸解消)、腹痛の診断で肝となるのは何か?(熱/Red Flag/痛みの場所/慢性発症)、感染性胃腸炎を疑うとき、何時間前の食事内容まで確認すべきか?(24時間/2日/3日/7日) 原因疾患が多肢にわたる腹痛を、重症度や緊急度の視点から体系的に解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

第4回 腹痛に対する一般用医薬品と選択のポイント

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】胃腸薬を求める方が来局した場面を想定し、医療面接で情報をどのようにを引き出し、どのような疾患を想定し、どの一般用医薬品を選択するか、明日から使える実践法を解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

第5回 来局者が満足を感じるコミュニケーションとは?

【日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師制度対象講座】臨床判断に必要な情報を聞きだすコミュニケーション力とは? 1.気軽に相談できる環境つくり。2.聴く力でニーズや思いを把握する。3.共感力で来局者との距離を縮める。4.得た情報を説明に活かす。5.最後の挨拶も心をこめて。の5つの視点を軸にノウハウを解説します。 ※本番組視聴により、公益財団法人日本薬剤師研修センター認定薬剤師の単位取得をご希望の方は、公益財団法人日本薬剤師研修センターホームページをご確認ください。

第6回 閉会挨拶

日本薬剤師会 副会長 生出 泉太郎 氏に閉会の挨拶をいただきます。