Dr.井齋のサイエンス漢方処方(全5回)

シリーズ解説

漢方薬は、もともと急性期疾患の治療のために開発・改良された「速効性」のある薬です。また、西洋薬が苦手な症状や病態に優れた効能を発揮する薬もあります。にもかかわらず、薬としての評価が十分でなく、臨床で必ずしもうまく活用されていないのが実情です。この番組では、そうした漢方薬を西洋医が気軽に処方できるよう、井齋先生が独自に編み出した「サイエンス漢方処方」のメカニズムを、適応となる病態ごとに具体的な処方例を交えながら解説します。番組を見終った時には、あなたの漢方処方は確実に変わっているはずです。

井齋 偉矢 先生 医療法人静仁会静内病院 院長

選択中の番組

第1回 なぜサイエンス漢方処方なのか?

基本的に1成分で構成され、対処療法に有用な西洋薬と異なり、漢方薬は複数の生薬で構成され、生薬それぞれが作用を刺激しあうことで、さまざまな効用を発揮します。第1回では、漢方薬の開発過程や成分形態、効能などを西洋薬と比較しながら、サイエンス漢方処方の基本的な考え方を解説します。

収録時間 00時間18分23秒

第2回 【効用1】免疫を賦活し炎症を抑える

臨床医が一番興味があるであろう漢方薬の抗炎症作用を解説。西洋医学における抗炎症薬はステロイドとNSAIDsですが、前者では免疫抑制、微小循環障害、後者では肝障害、脳・心筋梗塞などのリスクがあります。対する漢方薬は、西洋薬が苦手な免疫の賦活、特定部位・炎症への抗炎症作用、障害された組織の修復促進に切れ味を発揮します。この緻密な薬理作用を井齋先生オリジナルの巧妙なアニメーションでわかりやすく解説します。

収録時間 00時間15分20秒

第3回 【効用2】微小循環障害を改善する

抗炎症作用とともに漢方薬が得意なのが微小循環障害の改善です。微小循環とは毛細血管。身近な症状では、目の隅、しみ、乾燥肌、唇・舌の色、痣、手拳紅斑などがあります。西洋医学は、カテーテル術や血栓症薬など大動脈の循環を保つ治療は得意ですが、実は細胞組織の活性や新陳代謝に欠かせない毛細血管の治療に決定打はありません。微小循環障害を改善するメカニズムを具体的な処方例を示しながら解き明かします。

収録時間 00時間17分10秒

第4回 【効用3】細胞の水分の出入りをコントロールする

3つ目のキーワードは水分代謝。治療に欠かせない細胞へのアプローチには、微小循環のほかに水分の出入りが不可欠です。水分が過剰であれば浮腫になり、不足すれば乾燥します。西洋医学における利尿薬は過剰貯蓄された水分の放出には効果的ですが、乾燥時に必要な水分を注入し潤す薬はありません。脳浮腫、急性胃腸炎、二日酔いなどの浮腫対策、気管支炎や口頭内感染症など乾燥対策など水分代謝を軸とした漢方処方を紹介します。

収録時間 00時間17分34秒

第5回 【効用4】深部体温を上げて冷えを改善する

西洋医学で「冷え」を改善する確実な手段はありませんが、漢方薬は冷え解消を得意としています。深部体温を上げ、免疫系などが十分に働くようにすることで、体を温めるのです。最終回は、人体の熱産生代謝や深部体温、発汗・血流・熱産生量などの体温調節系のメカニズムを解説し、深部体温が温まる効果を引き出す漢方薬を紹介します。

収録時間 00時間14分29秒

配信中の番組

第1回 なぜサイエンス漢方処方なのか?

基本的に1成分で構成され、対処療法に有用な西洋薬と異なり、漢方薬は複数の生薬で構成され、生薬それぞれが作用を刺激しあうことで、さまざまな効用を発揮します。第1回では、漢方薬の開発過程や成分形態、効能などを西洋薬と比較しながら、サイエンス漢方処方の基本的な考え方を解説します。

第2回 【効用1】免疫を賦活し炎症を抑える

臨床医が一番興味があるであろう漢方薬の抗炎症作用を解説。西洋医学における抗炎症薬はステロイドとNSAIDsですが、前者では免疫抑制、微小循環障害、後者では肝障害、脳・心筋梗塞などのリスクがあります。対する漢方薬は、西洋薬が苦手な免疫の賦活、特定部位・炎症への抗炎症作用、障害された組織の修復促進に切れ味を発揮します。この緻密な薬理作用を井齋先生オリジナルの巧妙なアニメーションでわかりやすく解説します。

第3回 【効用2】微小循環障害を改善する

抗炎症作用とともに漢方薬が得意なのが微小循環障害の改善です。微小循環とは毛細血管。身近な症状では、目の隅、しみ、乾燥肌、唇・舌の色、痣、手拳紅斑などがあります。西洋医学は、カテーテル術や血栓症薬など大動脈の循環を保つ治療は得意ですが、実は細胞組織の活性や新陳代謝に欠かせない毛細血管の治療に決定打はありません。微小循環障害を改善するメカニズムを具体的な処方例を示しながら解き明かします。

第4回 【効用3】細胞の水分の出入りをコントロールする

3つ目のキーワードは水分代謝。治療に欠かせない細胞へのアプローチには、微小循環のほかに水分の出入りが不可欠です。水分が過剰であれば浮腫になり、不足すれば乾燥します。西洋医学における利尿薬は過剰貯蓄された水分の放出には効果的ですが、乾燥時に必要な水分を注入し潤す薬はありません。脳浮腫、急性胃腸炎、二日酔いなどの浮腫対策、気管支炎や口頭内感染症など乾燥対策など水分代謝を軸とした漢方処方を紹介します。

第5回 【効用4】深部体温を上げて冷えを改善する

西洋医学で「冷え」を改善する確実な手段はありませんが、漢方薬は冷え解消を得意としています。深部体温を上げ、免疫系などが十分に働くようにすることで、体を温めるのです。最終回は、人体の熱産生代謝や深部体温、発汗・血流・熱産生量などの体温調節系のメカニズムを解説し、深部体温が温まる効果を引き出す漢方薬を紹介します。