Dr.飯島の在宅整形(全7回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.7(25)

自宅で生活をしている高齢患者は必ず整形外科的な訴えを持っています。同じ疾患であっても、病院での治療と在宅ではできることが違います。このシリーズでは、在宅で必ず出合う整形外科的訴えを取り上げ、診断、治療、家族や介護者への介入の仕方を解説します。内科医でも安心して在宅のメジャートラブルに対処できる知識とスキルを身に付けてください!

飯島 治 先生 亀戸大島クリニック 院長

お試し番組

お試し番組視聴

  • Dr.飯島の在宅整形

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 顎関節脱臼の整復 プレミアム対象

  • Dr.飯島の在宅整形 | 第1回 顎関節脱臼の整復
  • 2019/10/09(水)公開
  • 11分2秒

顎関節脱臼は、在宅診療のメジャートラブルの1つ。 今回はこの整復方法をDr.飯島が体を張って伝授します。さらに、患者家族にどう教えるかも解説。在宅診療で確実に役立つ技をぜひ身に付けてください!

第2回 在宅外傷学 プレミアム対象

  • Dr.飯島の在宅整形 | 第2回 在宅外傷学
  • 2019/10/30(水)公開
  • 16分56秒

訪問診療で出合う外傷TOP5は、肋骨骨折、大腿骨近位部骨折、手首・足首の捻挫、内出血、臀部挫傷。 これらの診察と対処方法を実技を交えてコンパクトに解説します。 患者によく聞かれる「骨はいつくっつくのか?」の質問に飯島先生がどうやって答えているかは必見。在宅ならではの患者・家族との信頼関係につながる診察や声掛けも併せて学びましょう。

第3回 在宅腰椎圧迫骨折 プレミアム対象

  • Dr.飯島の在宅整形 | 第3回 在宅腰椎圧迫骨折
  • 2019/11/20(水)公開
  • 13分23秒

整形外科医でも苦手意識を持つ、腰椎圧迫骨折。病院に搬送してX線を撮れない場合にどのように診断するのか。入院せず在宅で診続ける場合にどんな治療ができるのか。診察で注意すべきポイントは実演で解説します。治療については、飯島先生が自身の体験から、効果的であった方法を紹介します。

第4回 在宅転倒学 プレミアム対象

  • Dr.飯島の在宅整形 | 第4回 在宅転倒学
  • 2019/12/11(水)公開
  • 16分13秒

転倒は、骨折や怪我につながる在宅患者の生活を一変させる大事件です。転倒予防のキモはどんな患者が転びやすいかを知ること。飯島先生が自院の患者を研究して発見した、転倒しやすい患者の特徴、そして医療保険・介護保険でできる転倒対策を伝授します。さらには転んでしまった患者の起こし方・ベッドまで連れて行く方法は明日から使えること間違いなしの超実践的方法です。ぜひご覧ください!

第5回 在宅リハビリ プレミアム対象

  • Dr.飯島の在宅整形 | 第5回 在宅リハビリ
  • 2020/01/08(水)公開
  • 12分42秒

リハビリの目的は時代のニーズで変化してきました。これからのリハビリで求められるのは、身体機能の回復だけではなく、尊厳を取り戻しその人らしい生活を送ること。とはいえ、やはり運動もリハビリの重要な構成要素です。病院仕込みの運動療法が通用しない在宅ではどんな運動なら継続できるのか?飯島先生が長年の経験から編み出した在宅ならではの楽しく・簡単に続けられる体操を伝授します。患者・家族・多職種を巻き込んで楽しく在宅リハビリを続けるノウハウを身に付けてください!

第6回 在宅リウマチ プレミアム対象

  • Dr.飯島の在宅整形 | 第6回 在宅リウマチ
  • 2020/01/29(水)公開
  • 16分47秒

最新のリウマチ治療と異なり、在宅で必要なのはすでに関節が変形している患者のQOLを向上させる治療です。ステロイドの用量調節はもちろん、簡単な運動リハビリや生活上の工夫など、実際に数多くのリウマチ患者さんを診てきた飯島先生ならではのノウハウを惜しみなく伝授します。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.7(25)
★★★★★
★★★★★
2020/02/01(土)
30代
その他
内科
顎がはずれて本気で困っていました。高齢者はよくあるのですね。 ありがとうございます
★★★★★
★★★★★
2020/01/25(土)
50代
勤務医
泌尿器科
あまり記憶にないが見ました。
★★★★★
★★★★★
2020/01/22(水)
20代以下
研修医
臨床研修医
地域医療をやっていると救急で転倒患者さんを診ることが多いです。大変勉強になりました。
★★★★★
★★★★★
2019/12/25(水)
30代
勤務医
内科
訪問診療を一時手伝っていた時に困っていたことがよくわかりました。 医師の「転ばないようにね」は逆効果というのも聞いて納得し反省しました。 在宅で出くわす他の領域のトラブル・症候についてもぜひこの飯島先生の講義が聞きたいと思いました。
★★★★★
★★★★★
2019/12/23(月)
40代
勤務医
神経内科
腰椎圧迫骨折で偽関節となり寝たきりになるのを知らなくて勉強になった

今後の配信予定

  • 2020/02/19(水)

    第7回 在宅装具学

人気シリーズ