総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症(全6回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.6(47)

総合内科専門医試験対策レクチャーの決定版登場!総合内科専門医試験の受験者が一番苦労するのは、自分の専門外の最新トピックス。そこでこのシリーズでは、CareNeTV等で評価の高い内科各領域のトップクラスの専門医11名を招聘。各科専門医の視点で“出そうなトピック”を抽出し、1講義約20分で丁寧に解説します。キャッチアップが大変な近年のガイドラインの改訂や新規薬剤をしっかりカバー。Up to date問題対策も万全です。
感染症については、国立国際医療研究センター国際感染症センターの忽那賢志先生がレクチャー。猛威を振るう新型コロナウイルスの最新情報から、試験で問われやすいマイナーな感染症まで、狙いを定めて解説します。

総合内科専門医試験を受験する方必見!
試験対策の情報をまとめたページはこちら⇒『総合内科専門医試験2021』完全対策

忽那 賢志 先生 国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染対策室医長

お試し番組

お試し番組視聴

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 コロナウイルス プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症 | 第1回 コロナウイルス
  • 2021/04/07(水)公開
  • 19分52秒

猛威を振るう新型コロナウイルスについて、最新の知見をまとめます。新型コロナと、SARSコロナウイルスやMARSコロナウイルスとの特徴を比較。新型コロナの発生起源、動物を介した感染経路など、これまでに判明している事実を整理し、コロナウイルスについての理解を深めます。世界各地で拡大し国内でも増加傾向にある変異株まで、気になる最近の動向も解説。
※このレクチャーは、2021年3月21日時点の情報に基づいています。4月7日に「Dr.忽那の新型コロナアップデート ワクチンから変異株まで」というタイトルでライブ配信しました。

第2回 新型コロナワクチン プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症 | 第2回 新型コロナワクチン
  • 2021/04/07(水)公開
  • 22分58秒

国内で2021年2月下旬より医療者への先行接種が開始されたワクチン。新型コロナワクチンに採用された新しいプラットフォームであるmRNA2ワクチンについて、その原理を解説。非常に高い確率の発症予防効果ならびに重症化予防効果が証明されています。報告されている副反応や、アレルギーのある人に接種した場合のアナフィラキシーの頻度について、データを確認します。
※このレクチャーは、2021年3月21日時点の情報に基づいています。4月7日に「Dr.忽那の新型コロナアップデート ワクチンから変異株まで」というタイトルでライブ配信しました。

第3回 マダニ媒介感染症 プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症 | 第3回 マダニ媒介感染症
  • 2021/05/12(水)公開
  • 26分53秒

マダニ媒介感染症は、まず媒介者となるダニの生息分布域を確認。ライム病、ツツガムシ病、日本紅斑熱、SFTSなどの各種マダニ媒介感染症は、国内の流行地域が異なり、同じ県内でも微妙な地域差があります。輸入感染症の側面もあり、海外渡航歴も診断の手がかりに。症状には共通する特徴が多く見られますが、流行時期、潜伏期や刺し口の違いなどに注目して鑑別します。マニアックな感染症は、知っていると試験で差がつくポイントです。

第4回 血液培養 プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症 | 第4回 血液培養
  • 2021/05/26(水)公開
  • 24分18秒

菌血症を疑ったときに行う血液培養。ガタガタと震える悪寒戦慄があると菌血症を疑うポイント。細菌性髄膜炎、腎盂腎炎、感染性心内膜炎といった、菌血症の頻度が高い感染症を知っておきましょう。血培は基本的に2セット採取します。コンタミネーションしやすい菌なのか、しにくい菌なのか、検出された菌の種類も判断の指標となります。血培で検出された真の起炎菌に対して、投与する抗菌薬の種類も忘れずに。

第5回 発熱と発疹を伴う感染症 プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症 | 第5回 発熱と発疹を伴う感染症
  • 2021/06/09(水)公開
  • 21分56秒

麻疹と風疹はどう鑑別するのか、症例から診断のポイントを解説。発疹の性状だけで鑑別するのは非常に難しく、ワクチン接種歴、罹患歴が極めて重要。髄膜炎菌感染症、リケッチア症、毒素性ショック症候群、アナフィラキシー、感染性心内膜炎といったショックを伴う皮疹では、診断の決め手となるキーワードを確認します。発熱・皮疹は輸入感染症の可能性もあります。輸入感染症診療の3つのポイントは、渡航地、潜伏期、曝露歴。

第6回 性感染症 プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 感染症 | 第6回 性感染症
  • 2021/06/23(水)公開
  • 31分57秒

性感染症を疑った場合、性交渉歴を聞く上で大事な“5P”を確認。感染リスクの高い行為を聞き逃さないようにします。近年増加傾向にある梅毒は、発疹の性状がさまざまで、神経梅毒による認知症など多彩な症状が特徴。病期によって治療内容が異なります。性感染症を診断した場合、他の性感染症の合併リスクも高く、スクリーニング検査やパートナーの診断治療も必要です。無症状が多いHIV、梅毒、淋菌感染症、クラミジアなどに要注意。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.6(47)
★★★★★
★★★★★
2021/06/20(日)
50代
勤務医
神経内科
時代の先生が分かりやすく説明してくれてありがたい。
★★★★★
★★★★★
2021/06/20(日)
60代
勤務医
内科
Dr林でもマダニ媒介感染症があったが、また別の意味で整理になった。
★★★★★
★★★★★
2021/06/15(火)
50代
勤務医
呼吸器内科
臨床では役立つと思うが、試験対策になるかなと少し思います。
★★★★★
★★★★★
2021/06/13(日)
50代
看護師
ワクチンについての特性が分かりやすく解説されていました。
★★★★★
★★★★★
2021/06/03(木)
40代
勤務医
循環器内科
もう少し量が欲しい

関連シリーズ

人気シリーズ