ガイドラインから学ぶNAFLD/NASH診療のポイント(全1回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.7(18)

ほどほどの飲酒、あるいはお酒を飲まない人もかかる脂肪肝炎がNASH。NASHを含む非アルコール性脂肪性肝疾患がNAFLDと呼ばれます。 NASHの状態が続く間に肝線維化が進行しますが、肝硬変や肝がんになるまで自覚症状はほとんどないため、早期の介入が重要になります。
NASHは肥満やメタボと密接に関連するため中年男性や高齢女性に多くみられ、潜在的なNAFLD患者は全国1000万人以上と推定されます。 7年ぶりに改訂されたNAFLD/NASH診療ガイドライン2020は、消化器病を専門としない先生方が対象。薬物治療の使い分けやエビデンスに加え、食事・運動・減量など患者指導にも役立つプラクティカルな項目が盛り込まれています。
「ガイドラインから学ぶNAFLD/NASH診療のポイント」を講義するのは公立豊岡病院消化器科医長の宮垣亜紀氏。NAFLD/NASHの診療経験を踏まえ、日常診療に必要な要素を現場目線でわかりやすく紹介します。脂質異常症や糖尿病など生活習慣病がNAFLD/NASHの進展リスクであることからも、消化器疾患を専門としない先生方にも有益な内容になると思います。

宮垣 亜紀 先生 公立豊岡病院組合立豊岡病院 消化器科 医長

配信中の番組

ガイドラインから学ぶNAFLD/NASH診療のポイント プレミアム対象

  • ガイドラインから学ぶNAFLD/NASH診療のポイント | ガイドラインから学ぶNAFLD/NASH診療のポイント
  • 2021/07/28(水)公開
  • 55分8秒

ほどほどの飲酒、あるいはお酒を飲まない人でもかかる非アルコール性脂肪肝炎(NASH)。それを含む非アルコール性脂肪性肝疾患がNAFLDと呼ばれます。中年男性や高齢女性に多く、潜在的なNAFLD患者は推定1000万人以上。公立豊岡病院消化器科医長の宮垣亜紀氏が、NAFLD/NASH診療の現場目線で日常診療に必要な要素をNAFLD/NASH診療ガイドライン2020から紹介します。肥満やメタボが進展リスクになることから、消化器疾患を専門としない先生方にも有益な内容です。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.7(18)
★★★★★
★★★★★
2021/09/12(日)
50代
開業医
内科
Fib4indexの式分母はALTですよね? 間違っていたらごめんなさい
★★★★★
★★★★★
2021/09/01(水)
30代
勤務医
消化器内科
とてもわかりやすく、丁寧で同科ながら勉強になりました。宮垣先生の講義はどれも親切丁寧で簡潔にまとまっていてお人柄も素敵です!
★★★★★
★★★★★
2021/08/31(火)
60代
開業医
整形外科
役立つ
★★★★★
★★★★★
2021/08/30(月)
70代以上
勤務医
泌尿器科
勉強になりました。
★★★★★
★★★★★
2021/08/26(木)
60代
開業医
泌尿器科
実際に臨床で使用しようと思います。

関連シリーズ

人気シリーズ