さわやま流 音楽的聴診術(全4回)

シリーズ解説

毎回聴診はしているけれど、心音聴取に自信が持てないまま画像検査に頼っている方は多いのではないでしょうか?また、実際に録音された心音だけで学習しようとしても、どれも同じように聞こえ混乱してしまった方も多いはず。そんなあなたの曖昧さを払拭するために立ち上がったのが”聴診の達人”こと沢山俊民先生。沢山先生は以前より講演等で、心音や心雑音や拍動を「口真似」「手真似」で表現し、そのリズムやピッチの聴き分けの大切さを伝えてきました。
本シリーズでは沢山先生の指導のもと、30種類もの心音・心雑音を完全音楽化。また、1つ1つの心音や雑音を楽譜のように配置、その位置関係や音の大きさを視覚化することで、目と耳で同時に心音・心雑音の特徴を捉えることが出来るようにしています。沢山先生のわかりやすくも奥深い解説に音楽や映像による説明が加わって、「なるほどそういうことか!」と目からウロコが落ちること必至。これまで心音聴取を苦手にしていた人もバッチリと各々の心音の特徴を整理・把握することが出来、すぐに聴診をしてみたくてうずうずしてしまうことでしょう。全世界見渡しても他にない画期的コンテンツの登場です!

沢山 俊民 先生 さわやまクリニック 院長/川崎医科大学 名誉教授

選択中の番組

第1回 Ⅰ音とⅡ音

「耳試し」と称する実際の心音聴取テストを導入に、主に Ⅰ音とⅡ音について解説していきます。 Ⅰ音は心尖部と心基部でどう聴こえ方が違うのか?Ⅱ音の分裂と呼吸との関係は?Ⅱ音の識別方法は?など、曖昧にしがちな部分を音楽と楽譜的な図を使って次々にくっきり明快にしていきます。 特に今回はⅡ音に間違えられやすい「僧帽弁逸脱」「クリック音」「Ⅲ音」を「Ⅱ音の固定性分裂」と共に1つの音楽にまとめ、一目でⅡ音からの距離や音の性質が分かるように図示しました。 この機会に是非心音の基本であるⅠ音とⅡ音の聴き分けを自分のものにして下さい。

収録時間 00時間28分02秒

第2回 II音の亢進と過剰心音

今回はII音の亢進と過剰心音について取上げる。なぜII音の大動脈弁成分の亢進は単音しか聴かれず、肺動脈弁成分の亢進は2つの音が聴かれるのでしょうか?生理的III音と病的III音の違いは?重合奔馬調律は何音と何音が重なってるのでしょうか?そんな疑問に先生が心音の楽譜とも言える“sound file”を使い一目瞭然に答えます。 またIV音の心尖拍動の触診の方法なども詳しく解説。「触診も併用して心音を聴くべき」とする“五感診療”をモットーとする先生の本領発揮です!明日から聴診器を片手に過剰心音を探したくなること請け合います。

収録時間 00時間27分22秒

第3回 収縮期の雑音

今回のテーマは収縮期の雑音。収縮期駆出性雑音はなぜ漸増漸減型に聴かれ、収縮期逆流性雑音は平坦な音として聴かれるのか?駆出性雑音と逆流性雑音の伝播方向の違いとは?雑音を伴う過剰心音「大動脈駆出音」と「肺動脈駆出音」の見分け方は?収縮期逆流性雑音の左心側と右心側の違いは?心雑音を聴き分けるためのヒントを示し、あなたの心雑音についての疑問を次々と解消していきます。また恒例のsound file"では音楽的にしっかりと心雑音を把握し、心音と心雑音の関係を目で見て納得していただきます。心雑音の聴き分けは弁膜疾患や先天性の心臓病の診断に非常に有効です。"

収録時間 00時間28分42秒

第4回 拡張期・その他の雑音

音楽的に心音・心雑音を学ぶシリーズも最終回。拡張期の雑音、収縮期と拡張期にまたがる雑音、不整脈を学習します。大動脈弁閉鎖不全が重症化すると雑音はどうなるのか?収縮期と拡張期を行き来するブランコ雑音の正体は何か?機関車の走行音に聴こえる雑音とは?不整脈時に駆出性雑音と逆流性雑音を見分ける方法とは?心雑音を聴き分けるためのヒントを示し、あなたの心雑音についての疑問を次々と解消していきます。最後には、カテーテル検査やエコー検査が幅を利かせる現在において、「聴診は何故必要なのか?」沢山先生に熱く語っていただきます。本シリーズに登場した「sound file」は32種類。これを観れ(聴け)ば、聴診への親しみ、理解度が深まることは間違いありません。「さわやま流聴診術」を是非自分のものにして下さい!

収録時間 00時間27分53秒

配信中の番組

第1回 Ⅰ音とⅡ音

「耳試し」と称する実際の心音聴取テストを導入に、主に Ⅰ音とⅡ音について解説していきます。 Ⅰ音は心尖部と心基部でどう聴こえ方が違うのか?Ⅱ音の分裂と呼吸との関係は?Ⅱ音の識別方法は?など、曖昧にしがちな部分を音楽と楽譜的な図を使って次々にくっきり明快にしていきます。 特に今回はⅡ音に間違えられやすい「僧帽弁逸脱」「クリック音」「Ⅲ音」を「Ⅱ音の固定性分裂」と共に1つの音楽にまとめ、一目でⅡ音からの距離や音の性質が分かるように図示しました。 この機会に是非心音の基本であるⅠ音とⅡ音の聴き分けを自分のものにして下さい。

第2回 II音の亢進と過剰心音

今回はII音の亢進と過剰心音について取上げる。なぜII音の大動脈弁成分の亢進は単音しか聴かれず、肺動脈弁成分の亢進は2つの音が聴かれるのでしょうか?生理的III音と病的III音の違いは?重合奔馬調律は何音と何音が重なってるのでしょうか?そんな疑問に先生が心音の楽譜とも言える“sound file”を使い一目瞭然に答えます。 またIV音の心尖拍動の触診の方法なども詳しく解説。「触診も併用して心音を聴くべき」とする“五感診療”をモットーとする先生の本領発揮です!明日から聴診器を片手に過剰心音を探したくなること請け合います。

第3回 収縮期の雑音

今回のテーマは収縮期の雑音。収縮期駆出性雑音はなぜ漸増漸減型に聴かれ、収縮期逆流性雑音は平坦な音として聴かれるのか?駆出性雑音と逆流性雑音の伝播方向の違いとは?雑音を伴う過剰心音「大動脈駆出音」と「肺動脈駆出音」の見分け方は?収縮期逆流性雑音の左心側と右心側の違いは?心雑音を聴き分けるためのヒントを示し、あなたの心雑音についての疑問を次々と解消していきます。また恒例のsound file"では音楽的にしっかりと心雑音を把握し、心音と心雑音の関係を目で見て納得していただきます。心雑音の聴き分けは弁膜疾患や先天性の心臓病の診断に非常に有効です。"

第4回 拡張期・その他の雑音

音楽的に心音・心雑音を学ぶシリーズも最終回。拡張期の雑音、収縮期と拡張期にまたがる雑音、不整脈を学習します。大動脈弁閉鎖不全が重症化すると雑音はどうなるのか?収縮期と拡張期を行き来するブランコ雑音の正体は何か?機関車の走行音に聴こえる雑音とは?不整脈時に駆出性雑音と逆流性雑音を見分ける方法とは?心雑音を聴き分けるためのヒントを示し、あなたの心雑音についての疑問を次々と解消していきます。最後には、カテーテル検査やエコー検査が幅を利かせる現在において、「聴診は何故必要なのか?」沢山先生に熱く語っていただきます。本シリーズに登場した「sound file」は32種類。これを観れ(聴け)ば、聴診への親しみ、理解度が深まることは間違いありません。「さわやま流聴診術」を是非自分のものにして下さい!

レビュー(5件)

nさん (2017年03月31日 07時09分)

m

ひできさん (2013年06月24日 14時09分)

心臓の聴診に関しては国家試験のときに勉強したが、実際にそれを臨床の現場で生かす機会は少なかったし、実際どのようなことを意識して聞くのか分からなかったが、今回の講義で多少、理解できたように思う。

なっちゃんさん (2013年06月19日 10時26分)

心音を音楽的に表現することで印象に残りやすく、聴診部位の違いでどのように心音が変化するかについても的確な表現されていて大変勉強になった。聴診するのが楽しくなった。

忍耐継続に勝るものなしさん (2013年06月11日 21時20分)

さわやま先生の聴診の話はわかり易く、30年のキャリアの私にもためになる。ただし、2音は座位で聴診していると一つにしか聞こえない患者が多いように思う。ゆっくり呼吸させる必要があるのかもしれないが患者を選んで診察しないと忙しい外来(30分に4人)では時間がたりない。

NTURBOさん (2013年05月02日 15時26分)

さわやま流音楽的聴診術は今までと違った聴診術で発想が面白かった。

DVD

さわやま流 音楽的聴診術<下巻>
発売日 2013/10/10

購入
月刊CareNeTV 2013年9月号
発売日 2013/10/17

購入
月刊CareNeTV 2013年7月号
発売日 2013/09/11

購入
さわやま流 音楽的聴診術<上巻>
発売日 2013/09/11

購入
月刊CareNeTV 2013年8月号
発売日 2013/09/11

購入