研修医のための小児科ベーシック(全10回)

シリーズ解説
★★★★★
-(-)
お気に入り

CareNeTVの臨床研修をサポートする番組第2弾。必修科目の1つである「小児科」です。当シリーズは、1番組10分とコンパクトながらも、小児科研修で身に付けなくてはならない標準的な知識・スキルを全10回で網羅。小児・新生児の病歴聴取や身体診察はもちろんのこと、採血などの手技のコツ、研修医のうちに経験すべき症候、そして小児ならではの成長と発達について解説します。
小児科研修前後の予習・復習として、研修中に迷ったときの指南書として活用してください。

遠藤 周 先生 順天堂大学医学部 医学教育研究室 准教授/ 小児科学講座 准教授 西﨑 直人 先生 順天堂大学医学部附属浦安病院 小児科

お試し番組

お試し番組視聴

  • 研修医のための小児科ベーシック

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 小児の病歴聴取 プレミアム対象

  • 研修医のための小児科ベーシック | 第1回 小児の病歴聴取
  • 2024/01/25(木)公開
  • 11分51秒

「軽い子9割、重い子1割」と言われる小児の外来。小児診療ではどちらの対応も重要となります。
まずはなにより重症例を見逃さないこと。小児の3大主訴(発熱・腹痛・咳)について、見逃してはならない疾患を見つけるためのポイントを解説します。 また9割の「軽い子」への対応では、患者家族の安心を得ることが何よりも重要なこと。講師である遠藤先生の提案するOpen questionから始まる共感的病歴聴取が良い診療の鍵となります。

第2回 新生児の病歴聴取 プレミアム対象

  • 研修医のための小児科ベーシック | 第2回 新生児の病歴聴取
  • 2024/01/25(木)公開
  • 11分36秒

新生児の病歴聴取は「正常な状態から逸脱していないか」ということを念頭に情報を集めることになります。母体の状態を含む周産期の情報、出生後の児の情報など、集めるべき情報を整理して解説します。赤ちゃんは自分では伝えることができません、新生児から発するサインを見逃さないことが重要です。

第3回 小児の身体診察 プレミアム対象

  • 研修医のための小児科ベーシック | 第3回 小児の身体診察
  • 2024/02/08(木)公開
  • 9分38秒

小児の年齢に合わせた身体診察の注意点とコツを解説します。重要なのは、こどもの心に配慮したコミュニケーション診察法を意識すること。また、子どもだからと言って、ごまかしたりあやふやにしたりせずに、どのような診察、処置を行うのかをシンプルかつ正確にこどもに伝えることです。

第4回 新生児の身体診察 プレミアム対象

  • 研修医のための小児科ベーシック | 第4回 新生児の身体診察
  • 2024/02/08(木)公開
  • 9分11秒

今回は新生児の身体診察の手順について解説します。新生児の身体診察は、頭のてっぺんからつま先までくまなく診察すること。おむつの中も忘れずに診察しましょう。講義では、講師の西崎先生流の手順を示し、どのように診ていくのかをしっかりとお教えします。

第5回 小児の採血手技のコツ プレミアム対象

  • 研修医のための小児科ベーシック | 第5回 小児の採血手技のコツ
  • 2024/02/22(木)公開
  • 8分23秒

小児の年齢に応じた採血手技について解説します。 どの年齢の場合でも、重要なのは、「準備」。準備は保護者への説明や、採血オーダーの仕方、用意する物品などが含まれます。それらをきちんと行ったうえ、実際の処置に入りましょう。 処置の際のコツについても、わかりやすくお教えします。

第6回 小児の静脈路確保のコツ プレミアム対象

  • 研修医のための小児科ベーシック | 第6回 小児の静脈路確保のコツ
  • 2024/02/22(木)公開
  • 9分14秒

今回は静脈路確保の手技ついて解説します。静脈路確保を行う際には、まずは、この目的を明確にすることが大切です。 そのうえで、実際に行う際の血管(手背静脈)の探し方・見定め方、穿刺の仕方などのコツを詳しくお教えします。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
  • 評価はまだありません。

今後の配信予定

  • 2024/03/07(木)

    第7回 小児の発熱

  • 2024/03/07(木)

    第8回 小児の腹痛

  • 2024/03/21(木)

    第9回 小児のけいれん発作

  • 2024/03/21(木)

    第10回 小児の成長と発達

関連シリーズ

人気シリーズ