研修医のための麻酔科ベーシック(全10回)

シリーズ解説

スーさんこと鈴木昭広先生が、前職の慈恵医大と現職の自治医科大学での急性期医療と麻酔管理の経験をもとに、麻酔科研修で習得すべきことを独自にまとめたJ-Method。CareNeTV臨床研修サポートプログラムでは、そのノウハウを10分10コマにぎゅっと凝縮しました。麻酔科医にならない人が麻酔科で研修する理由は「急性期の仮免許取得」です。麻酔科指導医に見守られた安全な環境下で重篤な患者の管理を経験できるのは、麻酔科研修期間ならでは。それを知ったうえで研修に臨めば、この先50年の医者人生が大きく変わります。この二度とないチャンスを全力で活用し、一生モノのスキルを手に入れましょう!

鈴木 昭広 先生 自治医科大学附属病院 周術期センター長・麻酔科教授

お試し番組

お試し番組視聴

  • 研修医のための麻酔科ベーシック

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 Youは何しに麻酔科へ? プレミアム対象

  • 研修医のための麻酔科ベーシック | 第1回 Youは何しに麻酔科へ?
  • 2024/02/01(木)公開
  • 9分20秒

麻酔科研修において薬剤の知識などは、実はおまけ。では、何を学ぶべきなのでしょうか?第1回では、スーさんが提唱する独自の指導法「J-Method」の2つのゴールを示し、麻酔科研修で本当に習得すべきものは何かをお伝えします。麻酔科は、この先誰もが直面する急変対応を毎日リハーサルできる非常に貴重な環境。もう目の前の患者はマネキンではありません。目ウロコ確実のスーさんの麻酔科研修イントロダクションで己の意識を変え、麻酔科研修期間を実りあるものにしましょう!

第2回 麻酔導入を100%活用する プレミアム対象

  • 研修医のための麻酔科ベーシック | 第2回 麻酔導入を100%活用する
  • 2024/02/01(木)公開
  • 13分26秒

手術室で毎日行われる麻酔行為、これを単なるルーチン業務と捉えていませんか?麻酔導入を通じて学ぶべきことは、「突然反応がなくなった患者への初期対応」です。意識がない患者を見たときの行動パターンは体に染み込んでいますか?酸素解離曲線やカプノグラフィの基本はバッチリですか?酸素化のポイントと急変時のチェック項目について基本から丁寧にレクチャーします。

第3回 麻酔維持期はアタマを使え! プレミアム対象

  • 研修医のための麻酔科ベーシック | 第3回 麻酔維持期はアタマを使え!
  • 2024/02/15(木)公開
  • 12分8秒

麻酔中に血圧が下がったとき、反射的に昇圧薬に手を伸ばしていませんか?安易に麻酔のせいにしてはいけません。麻酔の維持期はいわばROSK後の全身管理。病棟急変患者のショックバイタルには必ず原因があるように、麻酔科でも対処すべき病態を除外したうえで麻酔が原因だと判断します。麻酔導入後なら、まずアナフィラキシーを疑うことから。アナフィラキシーの一般的な症状や診断基準をおさらいし、術中でまず確認すべきポイントは何かをレクチャーします。

第4回 用手気道確保を極める プレミアム対象

  • 研修医のための麻酔科ベーシック | 第4回 用手気道確保を極める
  • 2024/02/15(木)公開
  • 9分22秒

酸素フラッシュボタン、押したことはありますか?これは緊急ボタンと同じで、日常的に使うものではありません。将来の急変現場にはフラッシュボタンは存在しませんから、これに頼らず、押したことがある人は必ず手技を見直しましょう。麻酔科研修中にやるべきことは、日々、TAM・両手法換気を実践すること。TAMはマスク、SGA、挿管すべてに有用な万能ツールです。合言葉は、アイーン、ポカーン、オーマイガ!実際の手技映像で、TAMを確実に行うためのポイントを学びましょう。

第5回 気管挿管する者の覚悟 プレミアム対象

  • 研修医のための麻酔科ベーシック | 第5回 気管挿管する者の覚悟
  • 2024/02/29(木)公開
  • 12分46秒

気管挿管を確実かつ迅速に実施するためには、日々の修練が重要。しかし、今後実践できる機会はどのくらいあるでしょうか? 近年、気管挿管は研修医の皆さんが思っているほど求められていません。その理由とともに、少ない経験でも成功率を高める方法を解説します。挿管後は、直ちに成否を判断すること。素早く総合的に確認する手順を体に叩き込みましょう。

第6回 人工呼吸管理のマストを知る プレミアム対象

  • 研修医のための麻酔科ベーシック | 第6回 人工呼吸管理のマストを知る
  • 2024/02/29(木)公開
  • 15分6秒

低酸素状態は言うまでもなく危険ですが、酸素濃度は上げすぎもNG。導入、抜管以外では、酸素濃度は必要最小限を意識する必要があります。また、不適切な人工呼吸器の設定によって、肺障害が引き起こされることもあり、肺保護戦略も重要です。人工呼吸の3悪と適切な設定について、丁寧にレクチャーします。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.8(4)
★★★★★
★★★★★
2024/03/02(土)
70代以上
開業医
内科
わかりやすいけど、略語が多くて老人の医者にはわかりずらいところがあります。
★★★★★
★★★★★
2024/02/25(日)
30代
勤務医
救急科
麻酔科で急変対応を学ぶ姿勢は素晴らしいと思います!研修医の時に拝見したかった…
★★★★★
★★★★★
2024/02/21(水)
20代以下
医学生
今年の4月から研修医として働く予定ですが、麻酔科が一番怖いと思っています。 このような授業があると事前に予習ができるので大変助かります。
★★★★★
★★★★★
2024/02/07(水)
20代以下
医学生
大変勉強になりました。次回の配信がとても楽しみです。

今後の配信予定

  • 2024/03/14(木)

    第7回 他人に説明できる輸液をしよう

  • 2024/03/14(木)

    第8回 抜管のお作法

  • 2024/03/28(木)

    第9回 麻酔科で感染マナーを身につけよう

  • 2024/03/28(木)

    第10回 患者を治すより、まず守れ!

人気シリーズ