日本プライマリ・ケア連合学会 第8回 若手医師のための家庭医療学冬期セミナー(全8回)

シリーズ解説
視聴後の評価をお待ちしております。

2013年3月2-3日に東京大学で開催された「日本プライマリ・ケア連合学会 第8回若手医師のための家庭医療学冬季セミナー」をお届けします。本セミナーは、後期研修医を中心とした若手医師が家庭医、病院総合医、プライマリ・ケア医のコアエッセンスを体得することを目的とした、若手医師による若手医師のためのセミナーです。

今村 正敏 先生 榛原総合病院加藤 一朗 先生 隠岐病院川島 篤志 先生 市立福知山市民病院 研究研修センター・総合内科小路 直 先生 東海大学医学部付属八王子病院 泌尿器科 講師松井 善典 先生 北海道家庭医療学センター あざいリハビリテーションクリニック山田 康博 先生 東京医療センター 総合内科吉田 伸 先生 飯塚病院 飯塚・頴田家庭医療プログラム若林 崇雄 先生 江別市立病院 総合内科

配信中の番組

WS2 総合診療医が求められる泌尿器疾患へのアプローチ ~マイナー領域だと思って、泌尿器疾患を敬遠し... プレミアム

  • 2013/05/08(水)公開
  • 86分26秒

高齢化社会に突入した日本の医療において、総合診療医やかかりつけ医師が泌尿器疾患を診療することの重要性は高まっています。本ワークショップでは、1.排尿障害、2.尿路結石症、3.カテーテルトラブルについて、それぞれの疾患の病態や総合診療医に求められる対応、そして泌尿器科医への紹介の必要性とタイミングについて要点をまとめ、わかりやすく解説します。

WS15 ジェネラリストのための産婦人科医療 プレミアム

  • 2013/05/08(水)公開
  • 88分38秒

妊婦さんへの処方、女性の腹痛などで困ったことはありませんか?すぐに産婦人科専門医にコンサルトしていませんか?  妊婦さんの12%は鎮痛剤を服用、9%は喘息など慢性疾患の薬を服用しています。一方妊娠の2%以上に先天奇形のベビーが生まれますがその半数以上は原因不明、1/4は遺伝子異常ですが、薬に関係しているものは2%といわれています。また、女性の腹痛は、まずは妊娠を否定することから始まりますが、手術適応となる緊急性の高い疾患を見落とさないことが重要です。  本ワークショップでは、妊婦への薬剤投与と妊娠が疑われる腹痛について取り上げ、家庭医でもできる産科の一次診療について、離島における産科診療の経験談も交え、解説致します。

第3回 シンポジウム 若手ジェネラリストと語る!~プライマリ・ケアの未来~ プレミアム

  • 2013/06/12(水)公開
  • 78分53秒

小病院、中病院、大病院、診療所それぞれの環境で活躍する若手医師が、それぞれの思い描く日本のプライマリ・ケアの在り方についてディスカッションを行い、相互に理解を深めながらこれからの道標を模索していきます。 日本のプライマリ・ケアの未来について、若手医師の熱いディスカッションをお届けします。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
  • 評価はまだありません。

関連シリーズ

人気シリーズ