『人を動かすプレゼンテーション』‐プレゼンテーション思考でメディカルとメディアの交差点へ‐(全1回)

シリーズ解説
視聴後の評価をお待ちしております。

医療者は、診断治療という大きなイベントを抱えた患者と家族へ、正確な情報を確実に伝え、医療人としての思考や想いも届ける必要があります。杉本真樹先生が、数々の経験を積まれて辿り着いた新しいプレゼンテーションのあり方をお届けします。本講演は、新著『医療者・研究者のための人を動かすプレゼンテーション』の出版を記念して、2013年7月28日に開催された祝賀イベントの圧巻のプレゼンテーションの模様です。

杉本 真樹 先生 神戸大学特命講師

配信中の番組

人を動かすプレゼンテーション プレミアム

  • 『人を動かすプレゼンテーション』‐プレゼンテーション思考でメディカルとメディアの交差点へ‐ | 人を動かすプレゼンテーション
  • 2013/10/09(水)公開
  • 22分46秒

プレゼンテーションで大切なことは、「伝える」ことではなく、伝えた相手がどう「動く」か。あなたが情報を提示し、オーディエンスが理解・納得し、コミュニケーション・共感が芽生え、行動をおこす。それがプレゼンテーションの役割です。杉本先生のように人を惹きつけるプレゼンテーションをするには、どの様なことが必要でしょうか?杉本先生が推薦するストーリーあるプレゼンテーション10の構成とは?その10の構成の中に明確なコアメッセージを提示することで、意識的に一段上のプレゼンテーションを目指すことができます。さらに、スライドレイアウトの黄金比や3分割法など、映像や画像、文字情報の魅せるTipsを交え、タイトルどおり『人を惹きつけるプレゼンテーション』でお届けします。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
  • 評価はまだありません。

人気シリーズ