Dr.林の笑劇的救急問答 [Season10] 電解質異常編(全4回)

シリーズ解説
視聴後の評価をお待ちしております。

すっかりお馴染みのDr.林による救急シリーズ。今シーズンは電解質異常編と胸痛編の2部構成。 電解質異常編:「何か変なんです」と診察に訪れた患者。さて、どうします? 電解質は測定してみないとなかなか異常に気づかないものです。ですが、疑ってかからないと恐い病態もあるので、忘れないようにしましょう。カリウム、ナトリウム、カルシウムの異常を取り上げ、診察、検査、診断とその処置・治療をわかりやすく、しかも徹底的に解説! 研修医・講師らが演じる爆笑症例ドラマにもヒントがぎっしり!笑いながら重要なポイントを学んでください。

林 寛之 先生 福井大学医学部附属病院 総合診療部 教授

お試し番組

お試し番組視聴

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 高カリウム血症 「意識障害の60歳男性」 プレミアム

  • 2014/05/21(水)公開
  • 20分35秒

最も見逃したくない電解質異常-高カリウム血症です。 心電図でテントTがあれば高カリウム血症を疑うことも難しくはありませんが、何となく奇妙な波形を見た時にも高カリウム血症を疑いましょう。気づかないと、あっという間に悪くなり、命取りになりかねません。 そして、その治療は・・・? AMIではCABGが治療の一つの選択肢ですが、高カリウム血症でもCABGです…あ、CAβG-1です。 さて、CAβG-1とは?しっかりと戦い方も勉強しましょう。 【症例1】60歳男性 徐脈、血圧低下で意識障害。現病歴は慢性腎不全。心電図を読んだオタク研修医は、自信がないながらも心室性の不整脈と判断し、リドカインで治療を進めようとする。そこに指導医林が「ちょっと待った!」をかける。

第2回 低カリウム血症 「下痢と脱水の70歳女性」 プレミアム

  • 2014/06/11(水)公開
  • 16分50秒

低カリウム血症の症状は、脱力や不整脈など多岐にわたり、かつ非特異的なので、疑ってかからないとなかなか見つけることができません。 命にかかわる症状もあるので、常に念頭に置いておきましょう。 低K血症であることがわかれば、後は、その原因を突き止めること。原因によってカリウムの補正方法が異なるので、その方法を把握しておくことも大切です! Case2:70歳女性 前日より下痢が続き、とうとう力が入らなくなり歩けなくなったと来院。 指導医Dr.林のフォローのおかげで低K血症だと診断でき、カリウムの補正をする研修医・・・。 そこに死神が現れる!!

第3回 低Na血症&高Na血症 「痙攣を起こした35歳男性」 プレミアム

  • 2014/07/09(水)公開
  • 21分29秒

今回はナトリウムの異常について取り上げます。意外にスルーされがちなナトリウム異常ですが、時には緊急に補正しなくてはならない症例もあります。 また、逆に急いで補正してしまうと、浸透圧性脱髄症候群を起こしてしまうことも!補正の仕方をしっかりマスターしましょう Case3:35歳男性、痙攣による意識障害で救急搬送。頭部CT検査、神経所見、共に異常なし。意識が回復した患者は「水を飲まないと腎臓が溶ける病気」と主張し、水道へ走る。 水中毒の可能性に気づいた研修医は、水制限を提案するが・・・。指導医Dr.林の指示は??

第4回 高Ca血症&低Ca血症 「怒ったり眠ったりの55歳女性」 プレミアム

  • 2014/08/06(水)公開
  • 14分47秒

カルシウムの異常を見つけても放っていませんか?中にはに緊急に対応しなければならない場合もありますよ。そして、高カルシウム血症の治療の第1選択は「生理食塩水」。 ハイカラな薬を使うよりも、まず、脱水の補正から行いましょう。 Case4:55歳女性。突然怒り出したかと思えば、またすぐに眠ってしまったりを繰り返している。糖尿病の既往あり。最近肺の影を指摘され、精査予定。 意識障害の原因もわからずどう対処すべきか悩んだ研修医に相談されたミスター東尋坊ことDr.林は、患者に肺腫瘍があることを指摘し、血液検査項目の追加を指示。 果たしてその診断と治療は?

評価一覧

★★★★★
★★★★★
  • 評価はまだありません。

関連シリーズ

DVD

Dr.林の笑劇的救急問答10<上巻>  電解質異常編
発売日 2014/09/15(月)
価格 4,500円(税別)

購入

人気シリーズ