Dr.岡のプラチナカンファレンス COVID-19公開症例検討(全3回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.5(8)

<無料公開は終了しました>
岡秀昭先生による公開症例検討会。3人の感染症フェローがCOVID-19の典型例、軽症例、検査偽陽性例などさまざまなタイプの実症例を提示。それに対して岡先生が、COVID-19をどのように診断あるいは除外するのか、治療戦略はどのように考えていくのか、また、ピットフォールはどこにあるのかなどを明らかにしていきます。 岡先生の思考の過程をつぶさにご覧いただけるカンファレンスです。今後、COVID-19疑いの患者を診療する際に、必ず役に立つ内容になると思います。ぜひご覧ください。
※2020年9月28日時点の情報に基づいた30日配信の講義であることをご留意のうえ、ご覧ください。

岡 秀昭 先生 埼玉医科大学総合医療センター 総合診療内科 教授川村 隆之 先生 埼玉医科大学総合医療センター 感染症科・感染管理科 フェロー佐藤 央基 先生 埼玉医科大学総合医療センター 総合診療内科・感染症科 フェロー山下 裕敬 先生 埼玉医科大学総合医療センター 総合診療内科・感染症科 フェロー

配信中の番組

症例1.発熱・咳嗽の40歳 男性 プレミアム対象

  • Dr.岡のプラチナカンファレンス COVID-19公開症例検討 | 症例1.発熱・咳嗽の40歳 男性
  • 2020/09/30(水)公開
  • 23分22秒

無料公開は終了しました
症例1は感染症フェロー 佐藤央基先生による症例提示です。
症例1.発熱咳嗽の40歳男性。2ヵ月前から38℃の発熱、咳嗽が出現。近医で対症療法で経過をみられていたが、改善せず。その後、CT検査が施行され、両側にすりガラス影を指摘。COVID-19疑いで当科紹介

症例2.意識障害を呈した70歳代 女性 プレミアム対象

  • Dr.岡のプラチナカンファレンス COVID-19公開症例検討 | 症例2.意識障害を呈した70歳代 女性
  • 2020/09/30(水)公開
  • 33分9秒

無料公開は終了しました
症例2は感染症フェロー 川村 隆之先生による症例提示です。
症例2.70歳代女性X-7日より発熱と咳嗽の出現あり。 X-1日に症状の改善がみられず、 意識障害も出現した。 SARS-CoV2 PCR検査が施行され陽性。治療目的にX日に当院へ救急搬送された

症例3.発熱、倦怠感が持続する60歳代前半 男性 プレミアム対象

  • Dr.岡のプラチナカンファレンス COVID-19公開症例検討 | 症例3.発熱、倦怠感が持続する60歳代前半 男性
  • 2020/09/30(水)公開
  • 30分12秒

無料公開は終了しました
症例3は感染症フェロー 山下裕敬先生による症例提示です。
症例3.60歳代前半 男性。X-7日から倦怠感の自覚あり。X-3日から37℃台の発熱を認め、X-2日には38.5℃に上昇した。同日には水様便の出現も認めた。 発熱、 倦怠感が持続するため、X日にかかりつけ医を受診した。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.5(8)
★★★★★
★★★★★
2020/10/18(日)
50代
勤務医
内科
大変良い勉強になった。レクチャーシリーズの方が簡潔で分かりやすい印象はあるが。
★★★★★
★★★★★
2020/10/18(日)
60代
勤務医
内科
まだ治療法の確立していない疾患では、どう考え、どう患者と話して治療を決めたかが必要
★★★★★
★★★★★
2020/10/07(水)
60代
開業医
内科
現在の知見も述べられていてわかりやすかった
★★★★★
★★★★★
2020/10/04(日)
50代
勤務医
呼吸器内科
大変勉強になりました。ありがとうございます。
★★★★★
★★★★★
2020/10/04(日)
60代
薬剤師
薬局勤務
臨床が不得意な薬剤師にとっても非常にわかりやすく参考になります。

関連シリーズ

人気シリーズ