薬剤師のためのアフターピルの使い方(全2回)

シリーズ解説
★★★★★
-(-)

※2020年10月27日時点の情報に基づいた講義です。
2020年4月にオンライン診療で緊急避妊薬を処方できるようになりました。そして現在、医師の処方せんが不要なOTC薬として薬局で発売可能とすることが内閣府の専門調査会で検討されています。
多くの欧米諸国ではすでに薬局で購入できる緊急避妊薬ですが、日本でのOTC化は認められてきませんでした。その理由の1つとして、薬剤師が女性の生殖や避妊、緊急避妊に関する専門知識が不足していることが挙げられています。
そこで、産婦人科医の柴田 綾子氏を講師に迎え、調剤・服薬指導する際、またOTC薬として販売する際に必要な知識、薬剤師に求められている役割を、クイズ形式でわかりやすく講義します。

本動画は、薬局薬剤師向け研修サイト「AMEE」でも配信中。 研修認定薬剤師の申請に必要な単位を取得希望の方は、AMEEでご視聴ください。

柴田 綾子 先生 淀川キリスト教病院 産婦人科

配信中の番組

薬剤師のためのアフターピルの使い方(基礎編) プレミアム対象

  • 薬剤師のためのアフターピルの使い方 | 薬剤師のためのアフターピルの使い方(基礎編)
  • 2020/11/12(木)公開
  • 40分12秒

※2020年10月27日時点の情報に基づいた講義であることをご留意のうえ、ご視聴ください。
基礎編では、今後、緊急避妊薬のOTC化が解禁された際に必要な緊急避妊の方法、服用の流れ、注意点、産婦人科を紹介するケースなどの基礎知識を解説します。

薬剤師のためのアフターピルの使い方(応用編) プレミアム対象

  • 薬剤師のためのアフターピルの使い方 | 薬剤師のためのアフターピルの使い方(応用編)
  • 2020/11/12(木)公開
  • 34分47秒

※2020年10月27日時点の情報に基づいた講義であることをご留意のうえ、ご視聴ください。
応用編では、緊急避妊薬が有効なタイミング、妊娠検査をすべきケース、患者さんからよく寄せられる質問、日本と海外の違いを解説します。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
  • 評価はまだありません。

人気シリーズ