ガイドラインから学ぶ睡眠時無呼吸症候群診療のポイント(全1回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.8(4)

<無料公開は終了しました> 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、国内の潜在患者数は500万人とも言われますが、治療を受けている人は1割程度とみられます。QOLが損なわれるだけでなく、高血圧や心疾患のリスクファクターともなるため、プライマリケア医にも対応が求められる疾患です。
新ガイドラインでは、SASの病態に応じた治療法のアップデート、各種合併症に関する新しいエビデンスなどを幅広く紹介しているだけでなく、SAS患者の自動車運転のリスクやその抑制手段などについても言及しています。
講師は、虎の門病院睡眠呼吸器科の富田 康弘氏。SASの診療経験豊富な専門医の立場から、一般医が知っておくべきSASの病態、診断と治療、新ガイドラインの改訂ポイントなどを実臨床を踏まえて、わかりやすくレクチャーします。

富田 康弘 先生 虎の門病院 睡眠呼吸器科

配信中の番組

第1回 ガイドラインから学ぶ睡眠時無呼吸症候群診療のポイント プレミアム対象

  • ガイドラインから学ぶ睡眠時無呼吸症候群診療のポイント | 第1回 ガイドラインから学ぶ睡眠時無呼吸症候群診療のポイント
  • 2021/04/14(水)公開
  • 64分9秒

<無料公開は終了しました>
睡眠時無呼吸症候群(SAS)は、国内の潜在患者数は500万人とも言われますが、治療を受けている人は1割程度とみられます。QOLが損なわれるだけでなく、高血圧や心疾患のリスクファクターともなるため、プライマリケア医にも対応が求められる疾患です。
新ガイドラインでは、SASの病態に応じた治療法のアップデート、各種合併症に関する新しいエビデンスなどを幅広く紹介しているだけでなく、SAS患者の自動車運転のリスクやその抑制手段などについても言及しています。
講師は、虎の門病院睡眠呼吸器科の富田 康弘氏。SASの診療経験豊富な専門医の立場から、一般医が知っておくべきSASの病態、診断と治療、新ガイドラインの改訂ポイントなどを実臨床を踏まえて、わかりやすくレクチャーします。
医師のみならずコメディカルにも有益な内容になると思います。ぜひご覧ください。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.8(4)
★★★★★
★★★★★
2021/05/05(水)
60代
開業医
内科
知識の確認と更新になった
★★★★★
★★★★★
2021/05/05(水)
40代
開業医
内科
素晴らしく分かりやすかったです。当院でもいびきを奥様に指摘され手術を勧められた方を2人経験しております。即座に手術をやめさせて(もちろん相談の上ですが)PSGを実施し現在CPAP療法中です。たぶん知らずに手術する方は多いのかもしれません。遠隔モニタリングもきちんと電話してフォローすべきだと改めます。大変勉強になりました。ありがとうございました。
★★★★★
★★★★★
2021/05/01(土)
50代
勤務医
脳神経外科
ちょっと長かったです。
★★★★★
★★★★★
2021/04/15(木)
70代以上
開業医
内科
以前から睡眠無呼吸の患者さんを診ているが、この総説を見て、改めて基本的な事項や最近の進歩に触れることが出来大変有用であった。最近のデバイスCURE-UPについての解説もあったならなお良かったと思います。

人気シリーズ