ガイドラインから学ぶ脳卒中診療のポイント(全1回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
5(7)

脳卒中発症後、初期対応が可能なのは24時間以内。この間の初期対応が患者さんの予後を左右します。そこで今回、プライマリケアで最低限知っておいてほしい最新の脳卒中診療のエッセンスをお届けします。講師は、自治医科大学神経内科の松薗構佑氏。発症を疑うポイントから最低限必要な初期対応、さらに慢性期のフォローで診断や処方などで悩むケース、間違えやすい抗凝固療法の注意点など、症例提示をまじえて実践的な講義をお届けします。

松薗 構佑 先生 自治医科大学 内科学講座 神経内科学部門

配信中の番組

ガイドラインから学ぶ脳卒中診療のポイント プレミアム対象

  • ガイドラインから学ぶ脳卒中診療のポイント | ガイドラインから学ぶ脳卒中診療のポイント
  • 2022/01/12(水)公開
  • 46分28秒

脳卒中発症後、初期対応が可能なのは24時間以内。この間の初期対応が患者さんの予後を左右します。そこで今回、プライマリケアで最低限知っておいてほしい最新の脳卒中診療のエッセンスをお届けします。講師は、自治医科大学神経内科の松薗構佑氏。発症を疑うポイントから最低限必要な初期対応、さらに慢性期のフォローで診断や処方などで悩むケース、間違えやすい抗凝固療法の注意点など、症例提示をまじえて実践的な講義をお届けします。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
5(7)
★★★★★
★★★★★
2022/01/18(火)
20代以下
研修医
臨床研修医
診療ガイドラインの要点をまとめていただきとても勉強になりました。
★★★★★
★★★★★
2022/01/17(月)
50代
開業医
内科
2009年版、2015年版との比較も交えて頂き、薬剤使用法などについてもとても解りやすく解説して頂き大変勉強になりました。
★★★★★
★★★★★
2022/01/17(月)
20代以下
研修医
臨床研修医
勉強になりました。
★★★★★
★★★★★
2022/01/16(日)
40代
薬剤師
薬局勤務
くすりの使い分けがよく分かり大変勉強になりました。
★★★★★
★★★★★
2022/01/15(土)
30代
勤務医
内科
メッセージが明確でわかりやすかったです。外来担当患者でESUSを繰り返している30代女性がいますが、専門医(脳外科)でDOAC処方されています。これから変わっていくのでしょうか。勉強になりました。

関連シリーズ

人気シリーズ