ガイドラインから学ぶ緑内障診療のポイント(全1回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.3(7)

緑内障はもっともコモンな眼科疾患の1つ。
「緑内障診療ガイドライン2022」改訂のポイントを中心に最新の緑内障の診療トピックを解説するとともに、一般内科医も知っておくべき臨床知識をお届けします。
講師は、一般内科医への眼科疾患啓発に取り組んできたみさき眼科クリニック院長の石岡みさき氏。 ジェネラリスト向けに執筆された自著を引用しながら、緑内障をはじめとする眼科疾患と内科疾患との交差点で講義を展開します。
緑内障の有病率は40歳以上の5%、70歳以上では10%と報告され、循環器や内分泌など内科系疾患を抱える高齢患者にもよく併存する疾患です。 緑内障を正しく理解し、ピットフォールを回避することは、円滑な日常診療につながります。
「緑内障診療ガイドライン2022」ではシステマティックレビューによるエビデンスの評価が新たに設けられ、 投薬のタイミングや術後の薬物療法がわかりやすくまとめられています。 なかでも、眼科以外の医師も知っておきたい点は、「緑内障に禁忌」の薬剤選択に際して、どう対処すべきかです。
内科系の一般臨床医の先生方には、緑内障を併存する患者さんが来院された際の投薬治療の注意点やポイント、 生じる可能性がある問題点や解決法を具体的に紹介します。 また、緑内障のタイプごとの特徴、眼科疾患なのに内科を受診することも多くみられる緑内障発作の特徴なども、 内科医が知っておくべき情報です。
高齢者にとっては循環器疾患も緑内障も同じく身近なコモンディジーズです。 眼科医へのアクセスがよくない地域ではプライマリの先生方が対応を求められるケースも珍しくありません。 ぜひ、本講演をご視聴いただき、日常診療にお役立てください。

石岡 みさき 先生 みさき眼科クリニック 院長

配信中の番組

ガイドラインから学ぶ緑内障診療のポイント プレミアム対象

  • ガイドラインから学ぶ緑内障診療のポイント | ガイドラインから学ぶ緑内障診療のポイント
  • 2022/07/06(水)公開
  • 38分26秒

緑内障はもっともコモンな高齢疾患の1つ。
眼科以外の医師が、緑内障診療でとくに押さえておきたい点は、「緑内障に禁忌」の薬剤選択に際して、どう対処すべきか。一般内科医への眼科疾患啓発に取り組んできたみさき眼科クリニック院長の石岡みさき氏が、ジェネラリスト向けに執筆された自著も引用しながら、緑内障と内科疾患との交差点をピンポイントに講義します。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.3(7)
★★★★★
★★★★★
2022/09/03(土)
50代
勤務医
内科
わかっていると思っていたけど、知らないといけない情報がたくさんあり参考になりました。聞き取りやすい話し方でとてもよかったです。
★★★★★
★★★★★
2022/08/31(水)
40代
勤務医
内科
正常圧緑内障の症例の多さと重要性について勉強になりました。
★★★★★
★★★★★
2022/08/29(月)
60代
勤務医
呼吸器外科
専門外なので勉強になります。
★★★★★
★★★★★
2022/08/24(水)
60代
開業医
泌尿器科
有用であった
★★★★★
★★★★★
2022/08/23(火)
50代
勤務医
神経内科
専門外でも勉強できました。

関連シリーズ

人気シリーズ