ケアネットライブ Immunology by Medii (全3回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.8(12)

膠原病は、不適切な自己免疫反応により、臓器など全身の結合組織を中心に炎症が発生し、多くの場合多臓器に障害を及ぼす自己免疫疾患です。自己免疫反応が働く発生機序や疾患の病態は未解明な部分が多く、そのため膠原病の適切な診断・治療には専門的な知見が求められます。
そこで、多くの難病や新しい治療法の理論的な基盤となるImmunology(免疫学)に着目し、株式会社Mediiと共同で2ヵ月に1回「ケアネットライブ Immunology by Medii」をお届けします。 株式会社Mediiの詳細はこちら

阿部 靖矢 先生 苫小牧市立病院 内科吉田 常恭 先生 京都大学 免疫・膠原病内科

配信中の番組

第1回 膠原病を疑う「自己抗体」解釈の秘訣 プレミアム対象

  • ケアネットライブ Immunology by Medii  | 第1回 膠原病を疑う「自己抗体」解釈の秘訣
  • 2022/08/31(水)公開
  • 57分24秒

Medii認定専門医でもある京都大学免疫・膠原病内科の吉田常恭先生が、膠原病診療において必要不可欠な「自己抗体」の検査解釈について解説します。
さまざまな自己抗体の中から、内科医なら必ず押さえておきたい4つの自己抗体「リウマチ因子」「抗CCP抗体」「抗核抗体」「ANCA」に焦点を当て、最新の疫学や論文のエビデンスをもとに学びます。 膠原病を疑う自己抗体の検査解釈の秘訣を知りたい方はぜひご視聴ください。

第2回 見逃し症例から学ぶ 膠原病による神経障害 プレミアム対象

  • ケアネットライブ Immunology by Medii  | 第2回 見逃し症例から学ぶ 膠原病による神経障害
  • 2022/10/26(水)公開
  • 43分10秒

Medii認定専門医である苫小牧市立病院内科の阿部靖矢先生が、膠原病による「神経障害」について解説します。
膠原病による神経障害は、他の疾患でも起こりうる症状が多く、特発性の神経疾患と区別することは容易ではありません。 今回は、シェーグレン症候群や関節リウマチ、全身性エリテマトーデスなど、膠原病のなかでも神経障害を伴いやすく、その症状が原疾患によるものだと気づきにくい7つの疾患を取り上げ、臨床知識を整理します。
世界各国のエビデンスと阿部先生が実際に経験した症例をもとに、それぞれの疾患に伴う神経障害の特徴を丁寧にレクチャーします。多くの難症例を診てきた専門医ならではの実臨床に直結する内容です。ぜひこの機会に、膠原病に対する理解を深めてください。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.8(12)
★★★★★
★★★★★
2022/11/18(金)
70代以上
薬剤師
その他
すこし難しいかった
★★★★★
★★★★★
2022/09/29(木)
60代
開業医
内科
知識がアップデートできた
★★★★★
★★★★★
2022/09/24(土)
60代
勤務医
呼吸器外科
学生時代に学んだことからの進歩に驚きです。欠落していた知識が補われました。
★★★★★
★★★★★
2022/09/24(土)
30代
勤務医
臨床研修医
今月の講義で一番良かった。吉田先生の講義増やしてください
★★★★★
★★★★★
2022/09/23(金)
60代
歯科医師
周囲に膠原病罹患者がいるので、もっと知識が欲しいところでした。役に立ちました。

人気シリーズ