ガイドラインから学ぶCKD診療のポイント(全1回)

シリーズ解説

「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン」は2023年6月に5年ぶりに改訂され、ページ数が2倍近くになるなど大幅にボリュームアップしました。 今回の重要な改訂点として、健診受診者に対する医療機関受診勧奨基準の厳格化があります。2018年版では「蛋白尿(1+)以上」のみでしたが、「蛋白尿(±)が2年連続みられた場合は受診勧奨とする」の記述が追加。また、糖尿病性腎臓病(DKD)患者に対するSGLT2阻害薬の投与が強く推奨されるなど、各章において一般医も知っておくべきポイントがあります。
講師は、行徳総合病院 腎臓内科の村澤昌先生。ガイドライン2023では何が変わったのかを具体的に示しながら、最新のCKD診療を解説します。 正確な腎機能評価のためにクレアチニンに加えて意識しておきたい指標や、新薬の特徴と重大な副作用、腎臓専門医への紹介基準など、盛りだくさんの内容をお伝えします。ぜひご覧ください。

村澤 昌 先生 行徳総合病院 腎臓内科

配信中の番組

ガイドラインから学ぶCKD診療のポイント プレミアム対象

  • ガイドラインから学ぶCKD診療のポイント | ガイドラインから学ぶCKD診療のポイント
  • 2023/08/23(水)公開
  • 51分24秒

「エビデンスに基づくCKD診療ガイドライン」が2023年6月に5年ぶりに改訂されました。健診受診者に対する医療機関受診勧奨基準が厳格化されるなど、各章において一般医も知っておくべきポイントがあります。講師は、行徳総合病院 腎臓内科の村澤昌先生。今回の改訂点を具体的に示しながら、最新のCKD診療を解説します。正確な腎機能評価のために意識しておきたい指標や、新薬の特徴と副作用、腎臓専門医への紹介基準など盛りだくさんの内容をお伝えします。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.7(12)
★★★★★
★★★★★
2023/10/19(木)
40代
研修医
臨床研修医
国試以降失われたていた知識を復習することができた。
★★★★★
★★★★★
2023/10/19(木)
20代以下
勤務医
救急科
非専門医にとって欲しい情報がまとまっている。話し方も工夫されていて頭に残る。通勤途中のラジオ代わりに聞いていた。
★★★★★
★★★★★
2023/09/30(土)
60代
薬剤師
病医院勤務
薬剤師からの目線からもセミナーがあり、医師目線でのお話と併せてとても勉強になりました。現場で大いに役に立ちそうです。
★★★★★
★★★★★
2023/09/26(火)
60代
勤務医
呼吸器外科
大事な項目ですが長い。
★★★★★
★★★★★
2023/09/22(金)
50代
勤務医
麻酔科
有意義でした。

関連シリーズ

人気シリーズ