呼吸器内科医Kのイメージと病態がつながる胸部CTの読み方(全7回)

シリーズ解説

呼吸器内科医Kこと中島啓先生による胸部CT読影番組がスタート!暗記に頼らず、病態を理解したうえで読影できるようになりたいと思いませんか?それを実現するのがK流のロジカルな読影ステップです。まず分布すなわち病変がどこにあってどのように広がっているかを押さえ、次にスリガラス影なのか結節影なのかといった性状を捉えます。とくに重要なのが病変を解剖構造と照らし合わせミクロレベルで病態をイメージすること。最後にそれらを総合して感染性、非感染性に分けてそれぞれの鑑別診断を挙げていきます。提示する画像はどれも日常診療でよく出合う疾患。実臨床で役立つこと間違いなしです。

※中島啓先生の書籍「胸部X線・CTの読み方やさしくやさしく教えます!」(羊土社、2016年)を読んで当番組を見ていただいたり、当番組を見て書籍を読んでいただければ、さらに理解が深まります。

中島 啓 先生 亀田総合病院 呼吸器内科 主任部長

お試し番組

お試し番組視聴

  • 呼吸器内科医Kのイメージと病態がつながる胸部CTの読み方

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 肺野条件 プレミアム対象

  • 呼吸器内科医Kのイメージと病態がつながる胸部CTの読み方 | 第1回 肺野条件
  • 2024/04/25(木)公開
  • 19分12秒

まずは、胸部CTにおける表現の定義を確認。これが理解できていないと読影は決して上達しないので、確実に押さえたうえで肺野の読影手順を身につけましょう。小葉構造と病変の関係は4パターンに分類できます。パターンごとにどんな異常陰影がみられるのか、イラストと実際の胸部CT画像を見比べれば、すんなり頭に入ります。

第2回 縦隔条件 プレミアム対象

  • 呼吸器内科医Kのイメージと病態がつながる胸部CTの読み方 | 第2回 縦隔条件
  • 2024/05/16(木)公開
  • 12分42秒

縦隔条件では、骨軟部組織、縦隔肺門リンパ節、大動脈などの重要臓器の異常を見落とさないよう、常に決まった手順で読影することが肝心です。 CT画像を頭側尾側に動かして、臓器をくまなく観察するわけですが、実際にどのように確認したらよいかは文章ではなかなかイメージできないもの。そこで今回は、連続画像とともに先生の目線の動かし方を映像で示します。 読影手順と各臓器のチェックポイントをマスターしましょう。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.7(9)
★★★★★
★★★★★
2024/05/18(土)
60代
勤務医
内科
症例からの読影しかしてこなかったので、基礎的事項からの解説は自分にとってたいへん有用です。
★★★★★
★★★★★
2024/05/17(金)
30代
勤務医
その他
整理されてとてもわかりやすい
★★★★★
★★★★★
2024/05/17(金)
50代
勤務医
内科
わかりやすかったです。
★★★★★
★★★★★
2024/05/09(木)
30代
勤務医
内科
かなり分かりやすい!!! 次回も楽しみ!!
★★★★★
★★★★★
2024/05/08(水)
50代
勤務医
その他
胸部CT読影で使用する用語の説明が丁寧でよく理解できました。問題・解説がもっとあってもいいと感じました。

今後の配信予定

  • 2024/06/06(木)

    第3回 限局性陰影

  • 2024/06/27(木)

    第4回 結節影・腫瘤影

  • 2024/07/18(木)

    第5回 びまん性陰影

  • 2024/08/08(木)

    第6回 構造破壊が主体の病変

  • 2024/08/29(木)

    第7回 縦隔病変と胸膜病変

関連シリーズ

人気シリーズ