ケースメソッド腎障害(全6回)

シリーズ解説

患者数が増加しているにもかかわらず、専門医が不足しているため、一般内科医も対応に迫られることが多い腎領域。この番組では、行徳総合病院腎臓内科の村澤昌先生が、そのような場面で腎障害にどのようにアプローチしたらよいか実臨床の流れに基づいてレクチャーします。 講義は、救急外来・一般外来・入院病棟の3つのセッティング別に構成。検尿異常の精査目的での受診やCKD患者の他科入院、AKIや急速進行性糸球体腎炎といった全身管理が必要な疾患など、豊富な症例を取り上げます。複雑と思われがちな腎疾患ですが、大切なのは、教科書的な知識を網羅することではなく、患者を目の前にしたときに、迅速に診断と治療を進められるかどうか。 「まず行うべき初期対応は?」「検査結果を待つ間に何をする?」とるべきアクションをケースで考えることで、臨床現場で実践できる必要十分な対応力が身につきます。

村澤 昌 先生 行徳総合病院 腎臓内科

お試し番組

お試し番組視聴

  • ケースメソッド腎障害

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 救急外来編(1) プレミアム対象

  • ケースメソッド腎障害 | 第1回 救急外来編(1)
  • 2024/06/13(木)公開
  • 11分16秒

救急外来編のゴールは、初期対応、診断につながる検査、初期治療ができるようになること。今回は、全身倦怠感と尿量低下で救急搬送となった60代男性、腎前性腎不全と診断され補液するも改善がみられなかった70代男性の2症例を取り上げます。高度腎障害をみたときに重要なのは、腎形態の評価。萎縮があるかどうか、必ず確認しましょう。

第2回 救急外来編(2) プレミアム対象

  • ケースメソッド腎障害 | 第2回 救急外来編(2)
  • 2024/06/20(木)公開
  • 20分47秒

第2回では、さまざまなAKIのパターンや緊急血液透析の適応について学びます。骨粗鬆症に対しビタミンD製剤を内服中の患者、長年の降圧薬内服歴のある患者など、高頻度で遭遇するケースはもちろん、比較的頻度は少ないが必ず知っておくべき病態も紹介。体液量、血圧、腎機能推移の評価ポイントを押さえ、AKIの対応をマスターしましょう。

第3回 一般外来編(1) プレミアム対象

  • ケースメソッド腎障害 | 第3回 一般外来編(1)
  • 2024/07/18(木)公開
  • 11分59秒

今回からは一般外来編。まずはCKDの原因を整理します。頻度が高いのは、高血圧性腎硬化症と糖尿病性腎臓病。講義では、高血圧・糖尿病で内服治療中に腰痛に発熱・悪寒も加わり一般外来を受診した60代女性のケースを深堀りします。この症例を通じて尿検査で確認すべき項目や、血糖降下薬選択時の注意点を学びましょう。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.7(11)
★★★★★
★★★★★
2024/07/10(水)
50代
勤務医
神経内科
大変良くまとまっている、具体的な症例を通して鑑別して原因 対処法を解説
★★★★★
★★★★★
2024/07/02(火)
20代以下
研修医
臨床研修医
とても分かりやすいです。
★★★★★
★★★★★
2024/06/27(木)
20代以下
研修医
臨床研修医
定義だったり、何からくる腎不全なのかすぐ判断できていませんでしたが、この動画を見て頭が整理されて勉強になりました。救急外来では迅速な判断が大切なので助かります。エコーもたくさん当てて行こうと思います。2も見ます!
★★★★★
★★★★★
2024/06/26(水)
60代
勤務医
消化器内科
ガイドラインの細かい点までの説明ではなく,腎臓病の大まかな地処方に関して,わかりやすい.
★★★★★
★★★★★
2024/06/24(月)
60代
歯科医師
自身が腎臓の数値が悪いので、腎臓のことを知りたく思って視聴しました。

今後の配信予定

  • 2024/07/25(木)

    第4回 一般外来編(2)

  • 2024/08/22(木)

    第5回 入院病棟編(1)

  • 2024/08/29(木)

    第6回 入院病棟編(2)

人気シリーズ