死への立ち合い方(全7回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4(5)

死亡診断時の医師の振る舞いは、遺族を傷つけることもあれば、支えになることもあります。だからこそ、死に際して患者や家族に起こる変化と要望をすべての医師は知っている必要があります。患者が亡くなるとき、遺族にどのような変化が起こるのか。そして私たちはどのように対処したらよいのか。このシリーズでは、遺族に起こる変化を解説し、言葉かけや身だしなみといった具体的な対応まで解説します。

日下部 明彦 先生 横浜市立大学 総合診療医学教室 准教授

お試し番組

お試し番組視聴

  • 死への立ち合い方

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 死亡診断時、医師の振る舞いが重要なワケ プレミアム

  • 死への立ち合い方 | 第1回 死亡診断時、医師の振る舞いが重要なワケ
  • 2019/06/19(水)公開
  • 7分30秒

死亡診断時の医師の振る舞いは、遺族が死を受け入れる支えになることもあれば、かえって傷つけてしまうこともあります。患者が亡くなるとき、遺族にどのような変化が起こるのか。医師はどのように対処したらよいのか。第1回では死への立ち合い方の基本を解説します。

第2回 死亡診断書の書き方 プレミアム

  • 死への立ち合い方 | 第2回 死亡診断書の書き方
  • 2019/07/03(水)公開
  • 18分46秒

死亡診断書と死体検案書の使い分けは? 警察への届け出が必要かをどう判断するのか? 死亡時刻は医師が確認した時間でいいのか? 死亡診断書作成時のよくある疑問について、事例を挙げて解説します。 平成31年度版死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル https://www.mhlw.go.jp/toukei/manual/dl/manual_h31.pdf

第3回 死亡診断時の振る舞い Do and Don't プレミアム

  • 死への立ち合い方 | 第3回 死亡診断時の振る舞い Do and Don't
  • 2019/07/17(水)公開
  • 14分36秒

死亡診断時の応対が重要とはいえ、具体的にどんなことに気を付ければいいのか? 遺族・訪問看護師へのアンケート調査をもとに、医師の悪い振る舞い・良い振る舞いを紹介します。遺族が心穏やかに患者との別れの時間を過ごせるよう、振る舞いのポイントを押さえましょう。 地域の多職種で作る『死亡診断時の医師の立ち居振る舞い』についてのガイドブック http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/docs/booklet/booklet29.pdf

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4(5)
★★★★★
★★★★★
2019/07/17(水)
40代
薬剤師
薬局勤務
在宅患者様のお宅に伺う際の参考になりました。看護師さんからの意見はとても納得でした。
★★★★★
★★★★★
2019/07/14(日)
50代
歯科医師
臨終の対応というものを考えさせられました。
★★★★★
★★★★★
2019/07/03(水)
60代
開業医
整形外科
参考になる。
★★★★★
★★★★★
2019/06/24(月)
70代以上
医薬関係者
今回のテーマは実際に緩和ケアに携わっていない、自分以外で患者さんの死に立ち会うことはない私でも医師である以上皆知っている必要があることだと思います。大変勉強になりました。そして自分以外のスタッフみんなの心を一つにしてケアーが必要と痛感しました。特に言ってはいけない言葉が身に染みて常に自分の中で繰り返し知っておくべきと思いました。
★★★★★
★★★★★
2019/06/21(金)
50代
その他
内科
死亡診断書の書き方が1番実務に必要な事。このテーマについて、削除線を引くべきところや、直接の死因と間接の死因の欄及び期間や場所等についての、法律的問題の生じない書き方について、具体的にわかりやすく、実際の様式に事例を記入しながら、今回よりも数倍時間をかけて教えてくれれば、無条件に星5つです。本当は死亡診断書の書き方だけで4-5回費やしていただいたら、多くの若手医師関心高く良い講義になると思います。

今後の配信予定

  • 2019/07/31(水)

    第4回 全医師が行うべき最初のグリーフケア

  • 2019/08/14(水)

    第5回 遺族の喪失感を和らげる方法

  • 2019/08/28(水)

    第6回 患者の状態変化から予後を予測する

  • 2019/09/11(水)

    第7回 死期の上手な伝え方

人気シリーズ