正しい認知症アプローチ(全7回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.3(15)

慢性疾患で長年診てきた患者さんが、最近物忘れがひどくなってきた。そんなとき、あなたは漫然と「認知症」と診断し、薬を処方していませんか? 治らないと思われがちな認知症。しかし、中にはアルツハイマー以外の原因疾患による認知症もあり、きちんと診断して原因を特定できれば、改善可能な場合もあります。ところが、最初の診断を誤り、間違った薬を投与してしまうと、効果がないどころか、さらに悪化することも…。このシリーズでは、認知症を疑った際の正しい診断法、原因疾患ごとの治療や対応を科学的に丁寧に解説します。

内田 直樹 先生 医療法人すずらん会たろうクリニック院長 精神科医、医学博士

お試し番組

お試し番組視聴

  • 正しい認知症アプローチ

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 認知症の見立て方 プレミアム対象

  • 正しい認知症アプローチ | 第1回 認知症の見立て方
  • 2019/10/02(水)公開
  • 14分28秒

第1回では、みんなの認知症情報学会による「上野流認知症見立て塾」のプログラムで、認知症診療のスタートになる診断のポイントを押さえましょう。認知症の進行スピードを抑えるためには、認知機能障害の重症度を、早期にきちんと評価することが肝心です。

第2回 改善可能な認知症 プレミアム対象

  • 正しい認知症アプローチ | 第2回 改善可能な認知症
  • 2019/10/16(水)公開
  • 9分51秒

認知症の約半数は、根治不能なアルツハイマー型認知症です。しかし、認知症になったら仕方がないと諦めるにはまだ早い。アルツハイマー以外にも、約70以上もの原因疾患があり、原因をきちんと特定できれば改善可能な場合もあるのです。見逃しやすい「改善可能な認知症」について解説します。

第3回 せん妄 プレミアム対象

  • 正しい認知症アプローチ | 第3回 せん妄
  • 2019/10/30(水)公開
  • 6分40秒

認知症で特に高まる「せん妄」のリスク。認知症になるとせん妄を合併しやすく、突然発症します。せん妄は認知症と症状が似ているため、改善可能にもかかわらず、見逃されることがよくあります。せん妄は認知症でなくても起こりうるので要注意です。

第4回 4大認知症の病型分類とその特徴 プレミアム対象

  • 正しい認知症アプローチ | 第4回 4大認知症の病型分類とその特徴
  • 2019/11/13(水)公開
  • 17分0秒

今回は、代表的な4大認知症の病型分類を解説します。認知症は病型によって、経過や抗認知症薬の効果が異なります。「認知症=アルツハイマー」と安易に考え抗認知症薬を処方しても、効果がないばかりか、副作用が出てしまうこともあります。難しい病型診断ですが、典型例を理解し、順序立てて慎重に診断することが重要です。

第5回 抗認知症薬と抗精神病薬 プレミアム対象

  • 正しい認知症アプローチ | 第5回 抗認知症薬と抗精神病薬
  • 2019/11/27(水)公開
  • 9分12秒

諸外国と比べると、日本では抗認知症薬の使用量が極めて多いのが実態です。しかし、抗認知症薬は一部の患者さんには有効ですが、すべての患者さんに必ずしも効果があるわけではありません。効果が認められないのに投与し続けることで、さまざまな副作用が現れます。認知症状の緩和に用いられる抗精神病薬も、期間を限って使用しないと、死亡リスクが高まるということがわかっています。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.3(15)
★★★★★
★★★★★
2019/12/02(月)
30代
勤務医
内科
まだ全部は見ていないが、わかりやすく要点をついた解説で非常に勉強になる
★★★★★
★★★★★
2019/12/01(日)
60代
勤務医
リハビリテーション科
鑑別をわかりやすく説明して頂き良かったです。
★★★★★
★★★★★
2019/11/26(火)
50代
勤務医
呼吸器外科
親しい人にも認知症がいますので、専門外でも知っていなければならない疾患です。
★★★★★
★★★★★
2019/11/24(日)
50代
開業医
泌尿器科
体系的で非常にわかりやすい。理解しやすい。素晴らしいと思う。
★★★★★
★★★★★
2019/11/23(土)
60代
勤務医
内科
整理に役立った

今後の配信予定

  • 2019/12/11(水)

    第6回 BPSDとその対応例

  • 2019/12/25(水)

    第7回 診断告知とその後の診療をどう行うか

人気シリーズ