診療に役立つLGBTQsの基礎知識(全6回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
5(2)

LGBTQsはレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、そしてクエスチョニング‐探求中を含めた性的マイノリティ方々の総称。人口の3~8%にのぼる当事者の方々は、差別や偏見などの社会的要因によって疾病にかかるリスクが高いことがわかっています。また、自身の性や性的指向を安心して表現できないために、受診を避ける方も多くいます。医療者がこうした背景に気付くことは、セクシュアリティを問わず必要な人すべてに適切な医療を提供する第一歩。 このシリーズでは、”性”の多様性に関する基本的な知識、当事者に生じやすい健康問題とその背景を解説。医師個人ができること、施設単位で行える工夫をお伝えします。

吉田 絵理子 先生 川崎協同病院・にじいろドクターズ

お試し番組

お試し番組視聴

  • 診療に役立つLGBTQsの基礎知識

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 医療者がLGBTQsについて知るべき理由 プレミアム対象

  • 診療に役立つLGBTQsの基礎知識 | 第1回 医療者がLGBTQsについて知るべき理由
  • 2021/02/17(水)公開
  • 8分47秒

LGBTQs-性的マイノリティの当事者は人口の約3~8%といわれ、さまざまな疾患リスクが高いことがわかってきています。適切な医療を提供するために、当事者が置かれている社会的医学的背景を知ることは必要不可欠です。1990年からの30年で、”性”そして”性的指向”と医療の関わり方は大きく変わっています。情報をアップデートしましょう!

評価一覧

★★★★★
★★★★★
5(2)
★★★★★
★★★★★
2021/02/18(木)
40代
開業医
整形外科
受診される方でもいらっしゃいます。 LGBTQsに関して社会的、医学的べたら いいと思います。
★★★★★
★★★★★
2021/02/17(水)
70代以上
開業医
外科
参考になります。

今後の配信予定

  • 2021/03/10(水)

    第2回 性の多様性

  • 2021/03/31(水)

    第3回 LGBTQsの人々に生じる健康格差 

  • 2021/04/21(水)

    第4回 医療者ができること、医療機関でできること

  • 2021/05/12(水)

    第5回 事例で学ぶ実際の診療

  • 2021/06/02(水)

    第6回 セクシュアリティに関する社会の変化

人気シリーズ