ディジーズ・バー(全10回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.8(4)

都内某所にひっそりと佇む「ディジーズ・バー」。ここでは夜な夜な、内科医國松淳和と彼と親交の深い医師との間でさまざまな疾患の治療について、腹を割った対話が繰り広げられる・・・
日々の臨床現場で出合うさまざまな内科疾患。診断はついてもガイドライン通りに処方すれば治るわけではない。
ほかの医師は一つひとつ異なる症例にどのような治療戦略を立て、実際に治療しているんだろう?医師であれば誰しもそんな疑問を感じたことがあるでしょう。
この番組では、コモンな内科疾患の治療のさじ加減について、スキルの高い医師同士が、同じ臨床医の目線で自由に語り合います。
今宵は、どんな医師が訪れ、どんな臨床談義に花が咲くのか・・・

國松 淳和 先生 南多摩病院 総合内科・膠原病内科 部長矢郷 祐三 先生 やごうクリニック 院長

お試し番組

お試し番組視聴

  • ディジーズ・バー

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 機能性ディスペプシア(FD) プレミアム対象

  • ディジーズ・バー | 第1回 機能性ディスペプシア(FD)
  • 2021/03/03(水)公開
  • 35分0秒

初回のゲストは消化器科のスペシャリスト矢郷祐三先生。機能性ディスペプシア(FD)を「胃痛を訴える場合」と「慢性的な気持ち悪さを訴える場合」にわけ、それぞれ有効な治療法や漢方についてなど、じっくりと語り合います。

第2回 過敏性腸症候群(IBS) プレミアム対象

  • ディジーズ・バー | 第2回 過敏性腸症候群(IBS)
  • 2021/03/24(水)公開
  • 35分44秒

過敏性腸症候群(IBS)の治療について語ります。下痢型・便秘型・混合型でそれぞれ有効な薬剤をどんな風に処方しているか。患者さんへの説明法からSSRI処方の考え方まで、臨床医ならだれもが現場でモヤモヤするところをとことん語り尽くします!

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.8(4)
★★★★★
★★★★★
2021/04/06(火)
30代
勤務医
循環器内科
消化器の専門の先生がどのように考え診療しているのか、実際の声を聞くことができ勉強になった。
★★★★★
★★★★★
2021/04/02(金)
50代
勤務医
脳神経外科
わかりやすかったです。
★★★★★
★★★★★
2021/03/30(火)
30代
勤務医
精神科
お2人の患者さんに対するどこまでも真摯な姿勢と、具体的な薬剤の使い方を惜しみなく教えてくださり、とてもとても勉強になりました。気軽に楽しく見られるのも嬉しいです。
★★★★★
★★★★★
2021/03/04(木)
70代以上
開業医
内科
國松医師が友人医師と語る、外来診療のポイントは参考になりました。1)第1回が、機能性ディスペプシア(FD)とは予想だにしなかった。私にとっては大きなプロブレムではなかったので、胃(消化器)症状に向き合ってみます。2)漢方薬(安中散)、ガスモチン、ドグマチールなどの視点は参考になりました。私は殆ど使用しない薬剤。考え治してみます。3)外来に対する、お二人の思いを受け止めました。次回を楽しみにします。

今後の配信予定

  • 2021/04/28(水)

    第3回 誤嚥性肺炎1

関連シリーズ

人気シリーズ