ERで即使える けいれん/てんかん診療ストラテジー(全5回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.6(9)

ERで遭遇するけいれん発作の原因は多種多様です。けいれんの診療において最も重要なのは、その発作が、てんかんかそれ以外かを見分けられること。このシリーズでは救急での診療フローを発作抑制と診断とに分けて解説し、一刻を争うけいれん発作の治療を落ち着いて行うのに十分な知識とノウハウをお伝えします。 ERに運ばれてきたてんかん患者の状況理解にも、神経内科医がいない場合にてんかんを診る場合にも使える新旧の抗てんかん薬を切り口にてんかん診療の入門知識も解説します。

山本大介 先生 湘南鎌倉総合病院 脳神経内科

お試し番組

お試し番組視聴

  • ERで即使える  けいれん/てんかん診療ストラテジー

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 ERの、そのてんかん発作を評価する プレミアム対象

  • ERで即使える  けいれん/てんかん診療ストラテジー | 第1回 ERの、そのてんかん発作を評価する
  • 2021/06/30(水)公開
  • 10分49秒

ERでてんかん発作に遭遇したとき、起こっている発作を止めることが最優先です。同時に、その発作がてんかんなのか、それ以外の要因によるものかを見分けることが重要です。今回は、病歴からてんかんを疑うポイント、鑑別に使える神経学的所見の取り方を解説します。またてんかんを疑う場合の検査オーダー、発作抑制フローの概要もコンパクトに解説します。

第2回 ERでのけいれん診療フローを理解する プレミアム対象

  • ERで即使える  けいれん/てんかん診療ストラテジー | 第2回 ERでのけいれん診療フローを理解する
  • 2021/07/21(水)公開
  • 12分36秒

ERでの痙攣発作対応に使える時間は最大60分。限られた時間で治療的行動と診断的行動を同時に進めるための基礎知識を叩き込みましょう。 間違って使われやすいけいれん、けいれん発作、てんかんといった名称の違いを理解することは重要。そして救急の痙攣発作で頻度が高い急性症候性発作についても解説します。

第3回 ERで使うけいれん発作治療薬を押さえる プレミアム対象

  • ERで即使える  けいれん/てんかん診療ストラテジー | 第3回 ERで使うけいれん発作治療薬を押さえる
  • 2021/08/04(水)公開
  • 14分14秒

痙攣治療は時間との勝負。治療薬をすぐに投与するための準備が重要です。ジアゼパムの投与量やホスフェニトインの換算表、ミダゾラム持続投与の投与量など、いつでもさっと思い出せるよう準備が必要な項目をまとめます。痙攣発作治療だけでなく診断的行動も含めて、搬送からのフローで解説します。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.6(9)
★★★★★
★★★★★
2021/08/03(火)
30代
勤務医
小児科
第1回から視聴しています、とてもわかりやすくまとまっていると思います。MRI検査についてですが、病院によってルーチンが違うかと思いますし、疑う疾患によってシーケンスの選択が異なるため、具体的に踏み込んでもよいのではないかと思います。
★★★★★
★★★★★
2021/07/31(土)
60代
開業医
外科
勉強になった。
★★★★★
★★★★★
2021/07/30(金)
30代
勤務医
その他
とてもわかりやすいです。実際にどうすればいいのか、次回の配信が楽しみです!
★★★★★
★★★★★
2021/07/30(金)
30代
勤務医
腎臓内科
分かりやすかった
★★★★★
★★★★★
2021/07/27(火)
60代
開業医
整形外科
実践的

今後の配信予定

  • 2021/08/25(水)

    第4回 薬から理解するてんかん診療入門1

  • 2021/09/08(水)

    第5回 薬から理解するてんかん診療入門2

人気シリーズ