マルモ探偵Dr.大浦のパターンで解決する多疾患併存(全6回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
5(2)

マルチモビディティ(マルモ)とは、1人の患者に主たる慢性疾患が複数ある多疾患併存状態のこと。その多くはポリファーマシーに陥り、複数の診療科が関わるためにケアも分断されています。高齢者の60%以上がマルモ状態にあるとの報告もあり、すべての臨床医が日常的に接していると言っても過言ではありません。 そこで本シリーズでは、マルモ診療の第一人者 Dr.大浦がマルモ患者の置かれた状況を観察・把握し、複雑な問題を整理・改善していくノウハウを具体的に解説します。 マルモには、「心・腎・代謝」「精神・神経」「運動器・消化器」「呼吸器・皮膚」「悪性疾患・泌尿器・消化器」という代表的な5つのパターンがあります。これらのパターンに落とし込むことがマルモを効率的に診ていくポイントです。 また、患者の抱える複数の疾患についてすべてのガイドラインを遵守し漏れなく管理しようとするのは現実的ではありません。治療負担をなるべく減らし、患者ができることを増やしてバランスを取るという考え方や、少ない労力で多くの問題が解決するポイントをみつける掛け算の発想をはじめ、四則演算的な思考法も重要です。 番組では、マルモ探偵Dr.大浦がこれらの考え方を駆使して実際のマルモ症例を解決していきます。 マルモの世界へようこそ!

大浦 誠 先生 南砺市民病院 内科副部長・総合診療科副部長

お試し番組

お試し番組視聴

  • マルモ探偵Dr.大浦のパターンで解決する多疾患併存

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 マルモのトライアングルとマルモパターン プレミアム対象

  • マルモ探偵Dr.大浦のパターンで解決する多疾患併存 | 第1回 マルモのトライアングルとマルモパターン
  • 2022/09/21(水)公開
  • 13分29秒

第1回はマルモ総論。マルモを解決するための3つのSTEPについて解説し、5つの疾患パターンを概観します。 STEP1「プロブレムリスト」で問題を確認して疾患パターンに当てはめ、STEP2「バランスモデル」で問題をバランスよく整理し、STEP3「四則演算」で適切な介入方法を決定する、この3つのステップを表すのが「マルモのトライアングル」です。 マルモ探偵Dr.大浦の考え方を学んでください。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
5(2)
★★★★★
★★★★★
2022/09/21(水)
40代
勤務医
内科
マルモという言葉は初耳であったが複数の疾患をパターンで捉える発想は新しい。総合診療医の頭の中を見ることができて実践的である。10分程度と時間が短いのも嬉しい。
★★★★★
★★★★★
2022/09/21(水)
20代以下
研修医
臨床研修医
なんとなく難しそうでとっつきにくいマルモの分野が動画になることで非常にわかりやすくなっていてとてもテンポよく視聴できました。続編も楽しみです。

今後の配信予定

  • 2022/10/12(水)

    第2回 心・腎・代謝パターン

  • 2022/11/02(水)

    第3回 精神・神経パターン

人気シリーズ