【重要なお知らせ】新アプリ「CareNeTVプレミアム」アプリをリリース!これに伴い、既存のダウンロードアプリの利用は6月30日までとなります。詳しくはお知らせをご覧ください。

【重要なお知らせ】カスタマーセンター電話サポート窓口休止期間を2020年6月14日(日)まで延長いたします。該当期間中はメールにて対応させていただきます。詳しくはお知らせをご確認ください。

Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト(全10回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.5(20)

臨床では妊娠中・授乳中であっても薬が必要な場面は多いもの。ですが、薬剤の添付文書を見ると妊婦や授乳婦への処方は禁忌や注意ばかり。必要な治療を行うために、何なら使ってもいいのでしょうか? 臨床医アンケートで集めた実際の症例をベースとした30のQ&Aで、妊娠中・授乳中の処方の疑問を解決します。産科医・総合診療医の水谷先生が、実臨床で使える、薬剤選択の基準の考え方、そして実際の処方案を提示します。

水谷 佳敬 先生 さんむ医療センター 総合診療科・産婦人科/亀田ファミリークリニック館山

お試し番組

お試し番組視聴

  • Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 【妊娠中】解熱鎮痛薬・抗菌薬・抗インフルエンザ薬 プレミアム対象

  • Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト | 第1回 【妊娠中】解熱鎮痛薬・抗菌薬・抗インフルエンザ薬
  • 2020/01/22(水)公開
  • 16分38秒

臨床医アンケートで集めた妊婦・授乳婦への処方の疑問を症例ベースで解説・解決していきます。初回は、妊娠中の解熱鎮痛薬、抗菌薬、抗インフルエンザ薬の選択についてです。明日から使える内容をぜひチェックしてください。

第2回 【妊娠中】抗てんかん薬・抗うつ薬・麻酔薬 プレミアム対象

  • Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト | 第2回 【妊娠中】抗てんかん薬・抗うつ薬・麻酔薬
  • 2020/02/12(水)公開
  • 17分34秒

妊娠を機に服薬を自己中断してしまう患者は少なくありません。そして症状の悪化とともに受診することはよくあります。今回は抗てんかん薬、抗うつ薬の自己中断症例から妊娠中の薬剤選択について解説します。緊急手術時に必須の麻酔薬の処方についても必見です。

第3回 【妊娠中】β刺激薬・チアマゾール・レボチロキシン プレミアム対象

  • Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト | 第3回 【妊娠中】β刺激薬・チアマゾール・レボチロキシン
  • 2020/03/04(水)公開
  • 12分20秒

喘息は妊娠によって症状の軽快・不変・増悪いずれの経過もとりえます。悪化した場合にβ刺激薬やステロイド吸入など一般的な処方が可能のか? 甲状腺関連の疾患では妊娠の希望に応じて、バセドウ病患者はチアマゾールを継続していいのか?橋本病ではレボチロキシンを変更すべきなのか?といった実臨床で遭遇する疑問を解決します。

第4回 【妊娠中】経口血糖降下薬・ワルファリン・制酸薬 プレミアム対象

  • Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト | 第4回 【妊娠中】経口血糖降下薬・ワルファリン・制酸薬
  • 2020/03/25(水)公開
  • 15分32秒

今回のクエスチョンは弁置換術既往の妊婦の抗凝固薬選択。ワルファリンからヘパリンへの変更は適切なのでしょうか?降圧薬の選択では妊娠週数に応じて使用可能な薬剤が変わる点を必ず押さえましょう!そのほか、妊娠中の内視鏡検査の可否とその判断、2型糖尿病の薬剤選択についても取り上げます。2型糖尿病管理は、薬剤選択とともに血糖管理目標についてもチェックしてください。

第5回 【妊娠中】抗リウマチ薬・抗アレルギー薬・タクロリムス外用薬 プレミアム対象

  • Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト | 第5回 【妊娠中】抗リウマチ薬・抗アレルギー薬・タクロリムス外用薬
  • 2020/04/15(水)公開
  • 10分16秒

膠原病があっても妊娠を継続するにはどのような薬剤選択が必要なのでしょうか?メトトレキサートや抗リウマチ薬の処方変更について解説します。花粉症症状に対する抗アレルギー薬処方、アトピー性皮膚炎へのタクロリムス外用薬の継続可否など、臨床で頻用される薬剤についての解説もお見逃しなく。

第6回 【妊娠中】漢方薬・CT,MRI検査・悪性疾患の治療方針 プレミアム対象

  • Dr.水谷の妊娠・授乳中の処方コンサルト | 第6回 【妊娠中】漢方薬・CT,MRI検査・悪性疾患の治療方針
  • 2020/05/13(水)公開
  • 17分14秒

妊娠中に漢方薬を希望する患者は多いですが、どういうときに漢方薬を使用すべきなのでしょうか? 上気道炎事例を入り口に、妊婦のよくある症状に対する漢方薬の処方について解説します。CTやMRIの適応判断に必要な放射線量や妊娠週数に応じたリスクを押さえ、がん治療については永久不妊リスクのある治療をチェックしておきましょう。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.5(20)
★★★★★
★★★★★
2020/05/18(月)
40代
勤務医
内科
これらの薬は若い女性が患者に多いので役に立ちます
★★★★★
★★★★★
2020/04/25(土)
40代
勤務医
内科
妊娠中の喘息は自信をもって治療ができそうに思いました。しかし、甲状腺疾患についてはもう少し詳しく知りたいと思いました。でも興味深い内容でした。ちょっと物足りないくらいでした。
★★★★★
★★★★★
2020/03/23(月)
50代
薬剤師
その他
WWEの視点を持っての薬剤選択が学べたことが良かったです。
★★★★★
★★★★★
2020/03/22(日)
60代
勤務医
内科
妊婦に使ってよい薬、役に立ちます。
★★★★★
★★★★★
2020/03/20(金)
40代
開業医
内科
すごくわかりやすかったです!

今後の配信予定

  • 2020/06/03(水)

    第7回 【授乳中】解熱鎮痛薬・抗菌薬・抗ウイルス薬

  • 2020/06/24(水)

    第8回 【授乳中】抗てんかん薬・向精神薬・全身麻酔

  • 2020/07/15(水)

    第9回 【授乳中】胃腸薬・降圧薬・抗アレルギー薬

  • 2020/08/05(水)

    第10回 【授乳中】ステロイド・乳腺炎への対処・造影検査後の授乳再開

関連シリーズ

DVD

Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス
発売日 2017/04/07(金)
価格 7,500円(税別)

購入
産婦人科医ユミの頼られる「女性のミカタ」 産婦人科医ユミの頼られる「女性のミカタ」
発売日 2014/10/08(水)
価格 7,500円(税別)

購入

人気シリーズ