総合内科専門医試験オールスターレクチャー 神経(全6回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
3.5(6)

総合内科専門医試験対策レクチャーの決定版登場!総合内科専門医試験の受験者が一番苦労するのは、自分の専門外の最新トピックス。そこでこのシリーズでは、CareNeTV等で評価の高い内科各領域のトップクラスの専門医10名を招聘。各科専門医の視点で“出そうなトピック”を抽出し、1講義約20分で丁寧に解説します。キャッチアップが大変な近年のガイドラインの改訂や新規薬剤をしっかりカバー。Up to date問題対策も万全です。
神経については、福島県立医科大学脳神経内科の井口正寛先生がレクチャーします。近年ガイドラインの変更が顕著な脳卒中の血栓溶解療法から、免疫系の希少疾患まで詳しく確認します。

井口 正寛 先生 福島県立医科大学 脳神経内科

お試し番組

お試し番組視聴

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 神経

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 脳卒中 超急性期 プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 神経 | 第1回 脳卒中 超急性期
  • 2020/08/05(水)公開
  • 23分27秒

神経の第1回のテーマは、超急性期の脳卒中。近年では血栓溶解療法や血管内治療が推奨されています。rt-PA静注血栓溶解療法は有効性のエビデンスが蓄積され、発症から治療可能な時間が延長されています。MRIの画像所見を評価スケールに照らし合わせて適応を判断することが重要です。血管内治療は、ステントリトリーバーの登場によって大幅に進歩しました。

第2回 脳卒中 急性期~慢性期 プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 神経 | 第2回 脳卒中 急性期~慢性期
  • 2020/09/02(水)公開
  • 17分5秒

神経の第2回は、急性期から慢性期の脳卒中について解説します。急性期の脳卒中には、抗血小板薬による薬物療法を行います。重症度によって薬剤の種類と使用法が変わるので注意しましょう。慢性期の脳卒中には、再発防止のための治療をします。ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、潜因性脳梗塞といった病型に応じて、適用できる薬剤やデバイスが異なります。

第3回 免疫性神経疾患(1) プレミアム対象

  • 総合内科専門医試験オールスターレクチャー 神経 | 第3回 免疫性神経疾患(1)
  • 2020/09/23(水)公開
  • 22分56秒

神経の第3回は、免疫性神経疾患のうち、多発性硬化症とその類縁疾患の視神経脊髄炎関連疾患について解説します。多発性硬化症は、時間的、空間的多発性のある、中枢神経系の脱髄を特徴とする炎症疾患です。近年のガイドラインでは、診断基準が変更されました。視神経脊髄炎関連疾患は、多発性硬化症と比較しながら診断基準や治療法を整理し、新規薬剤を確認します。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
3.5(6)
★★★★★
★★★★★
2020/09/23(水)
30代
勤務医
救急科
スライドが小さく分かりにくい。説明も口調が単調でポイントが分かりにくい。
★★★★★
★★★★★
2020/09/21(月)
40代
勤務医
小児科
知っている内容が多め
★★★★★
★★★★★
2020/09/20(日)
60代
勤務医
内科
整理にはなった。
★★★★★
★★★★★
2020/09/17(木)
50代
勤務医
呼吸器外科
専門外にとっては卒後教育のようで勉強になります。
★★★★★
★★★★★
2020/09/05(土)
60代
勤務医
神経内科
勉強になりました。

今後の配信予定

  • 2020/10/14(水)

    第4回 免疫性神経疾患(2)

  • 2020/11/04(水)

    第5回 神経変性疾患

  • 2020/11/25(水)

    第6回 機能性疾患

関連シリーズ

人気シリーズ