千葉大GMカンファレンス2021(全4回)

シリーズ解説
★★★★★
★★★★★
4.5(13)

GMカンファレンス症候診断ライブ2021年版をお送りします。
初のオンラインカンファレンスでも、生坂節は健在です!
千葉大学・横浜市立大学・国際医療福祉大学から、厳選の4症例を出題します。
千葉大学の症例は、総合診療科の生坂政臣先生監修の再現VTRを用意。
映像に隠されたヒントを見落とさず、頭の中の情報を整理し、考えられる疾患を言語化しながらご覧ください。疾患を想起し、言語化することが診断推論の第一歩です!
開催:2021年6月19日 Zoom開催

2022年7月16日(土)開催「千葉大GM1000人カンファレンス」参加者募集中!
医学生・初期研修医の方は先着800名まで無料でご参加いただけます。
お申し込み・詳細はこちら

生坂 政臣 先生 千葉大学大学院医学研究院 診断推論学・総合診療科上原 孝紀 先生 千葉大学大学院医学研究院 診断推論学・総合診療科太田 光泰 先生 横浜市立大学 医学部 医学教育学・総合診療医学 教授大平 善之 先生 聖マリアンナ医科大学内科学総合診療内科 主任教授鋪野 紀好 先生 千葉大学大学院医学研究院 地域医療教育学 特任准教授、千葉大学医学部附属病院 総合診療科

お試し番組

お試し番組視聴

  • 千葉大GMカンファレンス2021

お試し番組をご視聴いただけます。

配信中の番組

第1回 千葉大学からの症例1(再現VTRあり) プレミアム対象

  • 千葉大GMカンファレンス2021 | 第1回 千葉大学からの症例1(再現VTRあり)
  • 2021/09/29(水)公開
  • 46分32秒

千葉大学からの1つ目の症例は、22歳の男性。
1年前から足の痛みを自覚し、1週間程前からさらにひどくなってきたと言っています。
千葉大学の症例は、総合診療科の生坂政臣先生監修の再現VTRを用意しました。
映像に隠されたヒントを見落とさず、頭の中の情報を整理し、考えられる疾患を言語化しながらご覧ください。
疾患を想起し、言語化することが診断推論の第一歩です!

第2回 千葉大学からの症例2(再現VTRあり) プレミアム対象

  • 千葉大GMカンファレンス2021 | 第2回 千葉大学からの症例2(再現VTRあり)
  • 2021/10/27(水)公開
  • 53分4秒

千葉大学からの2つ目の症例は、25歳の女性。
半年前から徐々に耳鳴りがして、夜も眠れなくなったと訴えています。
再現VTRを見て、まず何を疑いますか?その診断で、合う点と合わない点はありますか?
たくさんの隠されたヒントを見逃さず、正しい診断を導きだしてください。

第3回 横浜市立大学からの症例 プレミアム対象

  • 千葉大GMカンファレンス2021 | 第3回 横浜市立大学からの症例
  • 2021/11/17(水)公開
  • 43分23秒

坂道を上ると胸が痛くなるという、74歳の男性が外来で受診しました。
さて、まず、あなたは何を考えますか。
初診では、限られた時間の中で問診票から疑問点をすばやく抽出し、オンセットの状況をできるだけ正確に詳細に描くことが大切です。
問診票を確認しながら「これはなんだろう?」と積極的に考えていかないと、時間が足りません。
少ない情報から、まず何を考え、何を疑うのか。そして、その考えは合っているのか。
回答者になったつもりで、頭を悩ませながらご覧ください。

第4回 国際医療福祉大学からの症例 プレミアム対象

  • 千葉大GMカンファレンス2021 | 第4回 国際医療福祉大学からの症例
  • 2021/12/15(水)公開
  • 23分5秒

2年前から、数秒間の心窩部の違和感の直後に、30秒以上の頭の中の不快感と、右上肢に違和感があります。
発症当初は、3カ月に1回程度でしたが徐々に増加し、1日に複数回出現するようになった、というなんとも奇妙な症状です。
この高齢患者は、自らの訴えを正しく言語化できていない可能性もありそうです。
さて病名は?

評価一覧

★★★★★
★★★★★
4.5(13)
★★★★★
★★★★★
2022/01/20(木)
40代
勤務医
総合診療科
学生が優秀過ぎる
★★★★★
★★★★★
2021/12/30(木)
60代
開業医
泌尿器科
診断までの思考プロセスが非常に勉強になります。
★★★★★
★★★★★
2021/12/26(日)
60代
開業医
内科
大変勉強になりました。このような症状にアプローチするVAPESも知識を系統化するには役立つ方法だと感じました。
★★★★★
★★★★★
2021/12/20(月)
30代
勤務医
内科
非常に勉強になりました
★★★★★
★★★★★
2021/12/19(日)
40代
勤務医
内科
ちょっとむずかしいが、日々の臨床に生かせる内容が充実です。

関連シリーズ

人気シリーズ