東京大学高齢社会総合研究機構 在宅医療推進総合研修プログラム 動機付けコース(全13回)

シリーズ解説
視聴後の評価をお待ちしております。

75歳以上人口の激増という超高齢化社会を目前に控えた現在、在宅医療への期待が高まっています。しかし、在宅医療に対する社会的な基盤、医療提供者側の体制作りは始まったばかりで、24時間365日稼働という在宅医にかかる負担の大きさへの懸念など、普及への歩みが遅いというのが現状です。本シリーズはその課題克服への第一歩として、東大と柏市の官民一体プロジェクトである在宅医療推進総合研修プログラムの模様をお届けします。あおぞら診療所の川越正平先生や梶原診療所の平原佐斗司先生を始めとする、在宅医療分野で早くから実績をあげてこられた先生方の協力を得、在宅医はどのように患者さんを引き受けるのか、訪問看護師など多職種とどのように連携をとればいいのか、地域の医療介護資源をどう活用すればいいのか、また他の在宅医や専門医とどのように連携をとればいいかなど、実際に在宅医療を進めていく上で直面する状況を想定した講義内容となっております。

川越 正平 先生 あおぞら診療所 院長辻 哲夫 先生 東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授 平原 佐斗司 先生 梶原診療所 在宅サポートセンター長

配信中の番組

第1回 21世紀前半の社会と医療、在宅医の果たすべき役割 プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 29分52秒

2025年に75歳以上人口のピークを迎える日本において、大都市圏では未曾有の高齢化が見込まれており、特に千葉県、埼玉県、神奈川県で顕著となっています。この見込みが何を示唆しているかと言えば、大都市圏で認知症高齢者と、一人暮らしないし夫婦暮らし高齢者が激増するということです。では、このような高齢者を支えるにはどうすればいいのか。それは、高齢者の自立度を促すことで認知症を予防し、高齢者が一人でも頑張りぬけるケアシステムを確立するということです。そのためにも、在宅医療にかかる期待は大きくなっています。しかし、以下の4つの点で課題が残っています。1、訪問診療をする医師の拡大。2、在宅医療を担う医師をグループ化し負担を減らすこと。3、在宅医療の連携を支えるチーム作りのコーディネート役を設けるということ。4、在宅医療を選択するという住民の意識啓発。この課題克服をにらんだ、東大が提唱する「真の地域包括ケア」についてご説明します。

第2回 在宅医療の導入 プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 22分1秒

在宅医療を始める場合として、最初から在宅医療を始める場合と、入院患者を在宅医療で引き継ぐ場合があるかと思いますが、今回は入院患者を在宅医療で引き継ぐ場合をご案内します。 症例として、卵巣がんの患者さんが病院から退院して在宅医療を導入するという流れを追って説明します。導入には以下の4つのSTEPを踏んでいくこととなります。1、導入面接。2、退院時共同指導。3、初回訪問診療。4、在宅療養計画。それぞれの場面でどのような事を確認していくのか、家族とのケア方針をどう立てるか、病院主治医からの引き継ぎは、訪問看護師などの多職種をいつ呼べばいいか、など具体的に指し示しながら解説します。

第3回 がん疼痛緩和に必要な知識 プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 37分6秒

在宅医が直面する代表的なケースとしてがんが考えられますが、本講演ではがん患者が在宅療養する際に在宅医として踏まえておくべき知識について解説します。 患者さんが訴える痛みの評価について、がん疼痛の治療について、十分な鎮痛が得られないとき、という3段階で講義を進めて参ります。どのように問診し、どのように治療計画を立てるかの判断基準となる講演ではありますが、患者が在宅療養しているという前提に立つと、痛みが日常生活にどのような影響を与えているか、多職種との連携はどうするか、患者の体格が小さい場合はどのように考えればよいか、などケースに合わせた柔軟な対応が求められます。在宅医という視点でがん疼痛緩和の基礎知識を解説します。

第4回 事例検討:がんの症状緩和と多職種による在宅療養支援(前半) プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 33分9秒

胃がん術後、多発骨転移、肝転移という症例の患者の在宅療養を受け持つ場合を想定して、在宅主治医を中心とする療養支援チームが患者とどのように関わっていけばよいのか検討するワークショップです。番組としては、症例提示、グループワーク後の全体発表、講師より想定問答とミニレクチャーという構成で展開します。全体発表では、患者に笑顔でいてもらうための治療方針が語られるなど在宅医療の強みを活かそうとする発表が目立ちます。 ミニレクチャーでは、食欲低下、全身倦怠感、せん妄、輸液についてなど疼痛以外の症状緩和についてや、全人的苦痛(トータルペイン)に対しての非薬物的な疼痛緩和について解説します。

第5回 事例検討:がんの症状緩和と多職種による在宅療養支援(後半) プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 38分0秒

胃がん術後、在宅療養を開始した患者さんが患者さん本人だけでは服薬を管理できない場合に、療養支援チームはどのような支援ができるかを検討するワークショップです。番組としては、症例提示、グループワーク後の全体発表、講師より想定問答とミニレクチャーという構成で展開します。全体発表では、患者さんの生活状況を踏まえた工夫や多職種連携による工夫をこらした発表が目立ちます。ミニレクチャーでは、鎮痛補助薬について、オピオイドローテーションについて、また在宅ならではの薬剤処方や服薬にまつわる工夫について解説します。

第6回 認知症の基本的理解~アルツハイマー型認知症を中心に プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 52分29秒

ますますの高齢化をむかえる現在、認知症患者も同様に増加していくことが見込まれています。 今後増大する認知症患者を専門医だけで全て対応することは、その規模から考えても不可能であるため、地域を支える医師が対応の大部分を担っていく必要があります。しかし、ひとえに認知症といっても、認知症には70以上の病気が含まれておりいずれも症候群であるということがポイントとなっています。認知症は治らない病気というイメージはありますが、それぞれの中核症状を把握し、基礎疾患レベルでの診断ができることで、その後の治療やケアに役立つことは大いにありえます。本番組では、認知症の基本的な理解を促しつつ、いちばんオーソドックスなケースとしてアルツハイマー型認知症について詳しく解説する構成となっています。

第7回 事例検討:認知症患者の行動心理微候(BPSD)へのアプローチ プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 44分5秒

暴言や徘徊など行動心理徴候(BPSD)を伴う重度アルツハイマー型認知症患者の在宅療養を受け持つ場合を想定して、療養支援チームが患者さんとどのように関わっていけばよいのか検討するワークショップです。番組としては、症例提示、グループワーク後の全体発表、講師よりその後の経過についてとミニレクチャーという構成で展開します。全体発表では、患者の精神世界を尊重するケア方針が目立ちます。ミニレクチャーでは、認知症の方から見た世界についてレクチャーをした上で、BPSDの特徴について、BPSDに対する非薬物療法と薬物療法について解説します。

第8回 事例検討:認知症の緩和ケア プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 30分29秒

終末期のアルツハイマー型認知症患者の在宅療養を受け持つ場合を想定して、療養支援チームがどのように治療やケアの方針について意思決定を支援していくか、また患者さんにどのような苦痛緩和を行うか検討するワークショップです。番組としては、症例提示、グループワーク後の全体発表、講師よりその後の経過についてとミニレクチャーという構成で展開します。全体発表では、患者さんご本人の幸せを優先に考えた上で家族全員で十分話し合える状況を支援するという意見が目立ちます。ミニレクチャーでは、認知症の苦痛緩和について、高齢者の意思決定や介護者への支援について解説します。

第9回 これから在宅医療に取り組むにあたって~やりがい・実務・報酬・制度 プレミアム

  • 2012/06/27(水)公開
  • 23分19秒

今年、2012年の診療報酬、介護報酬の同時改定により、在宅医療はこれまでに比べて報酬面で有利な状況となりました。 これから新たに在宅医療を始めるにあたって、報酬はどのように算定されるのか、また在宅医がこなさなければならないペーパーワークはどうなっているのか、具体的に症例などを通じて解説します。 そして、徐々に訪問診療を増やしていく工夫について、きっかけの作り方や、無理のない範囲で始めるための考え方についてもご案内します。

第10回 在宅ケアにおいて何故IPW(専門職連携協働)が必要なのか? プレミアム

  • 2012/08/08(水)公開
  • 22分11秒

IPW(専門職連携恊働)の重要性については、1990年代に北米やイギリスを中心に言われて参りました。 日本においては介護保険の始まった2000年頃から主に地域でその重要性が問われるようになって参りましたが、現在の医療従事者が教育の課程で多職種連携の仕組みや意義を学んできたわけではないため現場において手探りで進めているのが現状です。 本番組では、IPW(専門職連携恊働)の必要性について具体的に高齢者を想定して、そして今日的な情勢の中でその意義について解説します。また、治療モデルと生活モデルとで意見が食い違うなど、IPW(専門職連携恊働)を実施する上で困難となるケースや理由についても解説して参ります。

第11回 在宅療養を支える医療・介護資源 プレミアム

  • 2012/08/08(水)公開
  • 16分49秒

在宅医療を実施する上で多職種連携はかかせません。しかし、連携するためには地域にどのくらい在宅医療に対応できる医療・介護資源があるのか把握しておくことが必要となります。 本番組では柏市を例にとり、全国平均や近隣の地域と比べてどのくらい資源が充実しているのか、また地域のどのあたりに資源が分布しているのか、グラフや地図を用いて解説して参ります。 マッピングに関しては、在宅医療を導入する際に必要になってくる作業かと思われますので、是非本番組のスライドを参考にして頂ければと思います。

第12回 グループ討論1:在宅医療への期待(同職種) プレミアム

  • 2012/08/08(水)公開
  • 46分33秒

在宅医療を実施するためには多職種との連携も必要ですが、各診療所同士が連携することも重要となって参ります。 本番組では前半部で在宅医療を始めたばかりの診療所医師同士が、本プログラムの在宅実地研修を終えての感想と、これまでの在宅医療で悩んだケースについてなど討議している模様をお届けします。 どのようにすれば在宅療養支援チームが築けるのか、あるいはどのような判断基準で入院を指示するかなど、現場に直面した医師ならではの具体的な議論がなされます。 そして、後半部では各専門職から、在宅医療に期待することについて発表される模様をお届けします。

第13回 グループ討論2:地域で求められる在宅医療とは(多職種) プレミアム

  • 2012/08/08(水)公開
  • 38分57秒

在宅医療の仕組み作りはまだ始まったばかりの段階です。今後、地域で求められる在宅医療とはどのようなものなのか。 本プログラムの受講生がこれまでの在宅医療で感じていたことや、本プログラムを受講して感じたことを各グループに分かれて議論し発表する様子を本番組ではお届けします。議論をまとめあげる手法としては「KJ法」が用いられます。 最後の全体発表では各グループの議論の軌跡が色とりどりの付箋を見ることで感じることもできます。現場の医療介護従事者の様々な願いが形になった発表に感じられます。どうぞ御覧ください。

評価一覧

★★★★★
★★★★★
  • 評価はまだありません。

人気シリーズ